2018.01.25

イタリア遠征中の高円宮杯U-18選抜チームが圧勝! インテル下部組織に大量11得点

中村駿太
後半から出場した中村駿太(左)。前線の攻撃を活性化させ、自身も2得点を奪った [写真]=NIKE
サッカー総合情報サイト

 高円宮杯U-18プレミアリーグの参加チームから選出された『NIKE NEXT HEROプロジェクト』の選抜チームが、現地時間24日に遠征先のミラノでASヴィズノーヴァ(インテル下部組織)と練習試合(40分ハーフ)を行った。

 布陣は4-1-4-1を採用し、GKは宮崎浩太朗(大宮アルディージャユース)、DFラインには右から岡庭愁人(FC東京 U-18)、吉田伸弘(阪南大学高)、中島大雅(ガンバ大阪ユース)、三原貫汰(米子北高)が並んだ。アンカーに谷川勇磨(ヴィッセル神戸 U-18)、2列目は右から上月翔聖(神戸弘陵学園)、中村成龍(阪南大高)、財前淳(京都サンガF.C. U-18)、水野雄太(大津高)、そして1トップに森海渡(柏レイソルU-18)が入った。

 立ち上がりから主導権を握った高円宮杯U-18選抜チームは、15分の中村成のゴールを皮切りに怒涛のゴールラッシュを見せる。21分、水野がドリブルで左サイドを突破。クロスに反応した財前がゴール前に走り込み、左足でネットを揺らした。31分にも水野がサイドを崩して森のゴールを演出し、36分には森とのワンツーに抜け出した水野が冷静に流し込んだ。

 前半だけで4点のリードを奪った高円宮杯U-18選抜チームは大幅にメンバーを入れ替える。GKを梅田透吾(清水エスパルスユース)に、中島に代えて吉村仁志(大津高)を、アンカーには佐野海舟(米子北高)を入れ、谷川を左サイドバックに回した。2列目には右からシマブク・カズヨシ(浦和レッズユース)、財前、中村駿太(青森山田高)、滝裕太(清水エスパルスユース)を並べ、1トップに平墳迅(清水エスパルスユース)を入れた。

 後半になっても勢いは止まらない。後半2分、左サイドでフリーになった滝がゴールを沈めると、13分に中村駿、14分に財前、15分と21分に平墳とゴールを重ねていく。点差が開いてもなお攻撃の手を緩めることはない。24分に中村駿、35分に滝がそれぞれこの日2点目を決めて、合計11ゴールを奪取。試合終了間際に1点を返されたものの、11-1という圧勝で試合を終えた。

 この試合で指揮を執った米子北高校の中村真吾監督は、「やりたい守り方、攻め方ができたところもあった。(点差が広がっても)なあなあになるわけではなく、厳しさを持ってやれていた」と最後までゴールを狙い続けた選手たちを称えた。一方で、「あの1点はいらなかった」と失点を悔やむ。「こういう試合は絶対に最後1点入ってしまう。それだけは嫌だと思っていたのに案の定……」。

 急造チームにも関わらず大量得点で勝利を収めた高円宮杯U-18選抜チームは、25日にも練習試合を行う。対戦相手は同じくインテル下部組織のチームだが、ASヴィズノーヴァよりも格上のヴァレジーナ・カルチョと戦う予定。選手たちは大量得点にも浮かれず、「明日が本番」、「もっと強い相手とやれるのが楽しみ」と気を引き締めていた。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
40pt
山口
39pt
町田
36pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
28pt
琉球
25pt
沼津
24pt
Jリーグ順位をもっと見る