2018.01.05

【スカサカ!ライブ】様々なニュースがあった2017年 中村憲剛が1文字で表した漢字とは?

サッカー総合情報サイト

 1月1日に行われた第96回天皇杯サッカー選手権大会決勝、鹿島アントラーズ対川崎フロンターレの一戦で鹿島が6年ぶり5回目の優勝を飾ってから、12月のJ1最終節での川崎の劇的な逆転優勝まで、様々な出来事があった2017年のサッカーシーン。

 番組ではそんな1年を振り返り、この2017年を選手やスタジオゲストに1文字で表してもらった。

 まず登場したのは、川崎在籍15年目にして初のJ1制覇を達成し、歓喜の涙を流した中村憲剛。その彼が色紙にしたためた2017年を表す一文字は

「芯」。

 中村はその理由を次のように説明した。

「鬼木達さんが監督になって、今までとチームが変わるわけですよね。自分たちがボールを持って攻めるプラス、今シーズンは鬼木さんが守備のところ、自分たちのウィークポイントでつぶさなければいけないところを1年間、徹底的に“芯”を持ってやり続けてきた結果、チームとしてもブレることなく最後まで同じ方向を向いて戦えた結果、優勝できたと思ったので、今年はこれだろうと。今シーズンは苦しい、悔しい試合も多かったですけど、リバウンドメンタリティでみんなで頑張ってきた。それはチームとしてのブレない“芯”があったからだと俺は思うんで」

 ここからはスタジオゲストが2017年の一文字を発表していく。サッカー解説者の水沼貴史氏の一文字は

「難」。

「今年、いろいろなリーグ、カテゴリーいろいろな試合を見たんですけど、サッカーは知れば知るほど難しい。奥深いとも言えます。年代ごとの難しさもありますし、若年層の選手が成長してどうなるかという部分でも正解がない。難しすぎると感じました。だからもっと見なければならないし、勉強しなければならない、もっと知りたいと思いました」

 続いてレギュラー解説委員の岩政大樹(東京ユナイテッドFC)。彼の2017年を表す一言は

「転」。

「川崎がJ1を制し、セレッソ大阪がYBCルヴァンカップで優勝するなど、これまでのJリーグから、少し流れが転じました。来シーズン以降が楽しみという期待も込めて。それから最後に日本代表が(EAFF E-1サッカー選手権で)つまずいたので『転ぶ』という意味もあります。ロシア・ワールドカップに向けての不安も募ったので、2018年に向けてヴァイッド・ハリルホジッチ監督がどうやっていくのかにも注目したいです」

 最後は平畠啓史氏。「中村選手とちょっとカブった」と言いながら出した一文字は、中村憲剛の「芯」と同じ音の

「新」。

「C大阪のルヴァン杯制覇、川崎のJ1制覇に加え、V・ファーレン長崎がJ1昇格を果たしました。ちょっと新時代に入りつつあるのかな、という気がします。今までだと鹿島アントラーズや浦和レッズ、ガンバ大阪が(強豪として)頭に浮かぶところがありましたけど、それ以外のチームが初めてユニフォームに星をつけたという意味でも、『新』が象徴的かなと」

平畠氏が「新」を選んだ理由はもう一つあるという。

「Jリーグにはいろいろなマスコットがいますけど、“新キャラ”が出たんです。グルージャ盛岡の『キヅール』。今年10月にデビューしたんですが、登場する前から話題沸騰でした。直線的なフォルムなんですが、ドリブルめっちゃうまいんですよ。アジリティがあります」

スカサカ!ライブ』は毎週金曜日21時から生放送。2018年最初の放送は、1月12日(金)21時からの予定となっている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る