2017.12.19

【スカサカ!ライブ】イタリアダービーでの戦術を岩政大樹が読み解く~ユヴェントス編~

サッカー総合情報サイト

 12月9日に行われたセリエA第16節、ユヴェントス対インテルの“イタリアダービー”について、番組レギュラー解説委員の岩政大樹(東京ユナイテッドFC)が解説。ユヴェントスの戦術について分析した。

 この試合、ユヴェントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督はパウロ・ディバラをベンチスタートさせ、マリオ・マンジュキッチを左サイドMF、1トップにゴンサロ・イグアインを配した「4-5-1」のフォーメーションでインテルを迎え撃った。指揮官が下したこの決断について、岩政は「ディバラのコンディション不安もあったと思うが、インテル対策も含まれていた」と分析している。

「スタートは4-5-1で入るんですが、マンジュキッチが自然に中央に入り、(クワドォー)アサモアが(左サイドバックから左ウイングバックのポジションに)上がって変則3バックのような形になります。マンジュキッチとイグアインが中央に入り、2人で高さを持たせる狙いがありました」

 8分のユヴェントスの攻撃の場面では、中央に絞ったマンジュキッチが中盤で起点を作り、そこから右サイドのフアン・クアドラードに展開。クロスに対してマンジュキッチ、イグアインとインサイドハーフのブレーズ・マテュイディがゴール前に飛び込む形を作った。

 また、DF4枚、中盤に5人のMFを配置したことについて、岩政は「(マウロ)イカルディ対策」と分析した。

「トップスコアラーで乗りに乗っているイカルディがセンターフォワードにいるので、彼をどう止めるかが今回のユヴェントスの一つのポイントでした。イカルディのゴールはサイドからのクロスに合わせる形が多いので、イカルディを抑えようというよりは、サイドを抑えようというのが今回の守備のポイントでした」

 16分のシーンでは、マンジュキッチが左サイドに下がり、ペナルティエリア手前のゾーンに左右のウイングバックとインサイドハーフ2人、アンカーの選手が横一列に並び、相手のサイド攻撃を封じる形を取った。

「これによってクロスがほとんど上がらず、イカルディが中で勝負するシーンがほとんどなく、抑えることができました。インテルとしては攻めづらい形になりました」(岩政)

 37分には、マテュイディとサミ・ケディラをインサイドハーフに配したことが功を奏する場面もあった。岩政が解説する。

「走れるインサイドハーフが2人でプレッシャーをかけて、ボールを奪えたらそのまま2人で攻め上がっていくのが狙いでした。2人でインテルの攻撃を封印した上で、さらに彼らが出て行く。これがハマった形になりました」

 攻守両面で「対インテル」の緻密な戦術を練り上げ、それを機能させたユヴェントスだったが、両チームともにゴールは奪えず、試合はスコアレスドローに終わっている。

 12月22日(金)21時から放送の『スカサカ!ライブ』では、天皇杯準決勝のプレビューや全日本大学サッカー選手権大会特集が放送される予定。岩政大樹(東京ユナイテッドFC)がプロデュースするインタビューコーナー「今まさに聞く!」は、鹿島アントラーズ昌子源篇~前編を放送する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る