2017.12.01

ウタカがサッカー好き女子と『FIFA 18』“ガチンコ”対決!~ウタカがウタカでゴールに迫る~

[写真]=野口岳彦
サッカー総合情報サイト

 FC東京に所属するFWピーター・ウタカと、レアル・マドリード好きでクラブ公式SNSでも紹介されたことのあるマルチタレントのSHO-NOが、『FIFA 18』で“ガチンコ対決”。大興奮の展開の中、迎えた結末とは?

 ある秋の午後、「ウタカvsサッカー好き女子」のゲーム対決のファンファーレが高らかに鳴る。“決戦の場”に姿を現したウタカはトレードマークとも言える満面の笑みを浮かべて入場。開口一番「(『FIFA 18』は)やったことないんだよ」と、まさかのディスアドバンテージを宣言する。一方のSHO-NOは過去の『FIFA』シリーズをプレイした経験もあり、早くもSHO-NO有利の空気が現場に流れる。

[写真]=野口岳彦

 まずは練習、ということでSHO-NOが先生役となり、ウタカに手取り足取り指導。SHO-NOはロングボールの出し方を「ピューッ」(山なりのジェスチャーを交え)、シュートの打ち方を「ピピッ、んーって」(ボタンを押し込む操作をしながら)など、独特の表現(というより擬音?)で異文化コミュニケーションを成立させると、その効果もあって(?)、ウタカはみるみる上達。初めての操作とは思えない、細かいパス回しなどを習得して本番に臨む。

 試合はFC東京vsFC東京で開催。それぞれセンターフォワードにはもちろんウタカを起用する。ウタカは「ヨシトさん(大久保嘉人)とウタさん(ウタカ)が決めて2-0で勝つよ」と意気込めば、SHO-NOは「(私の)ウタカがハットトリックを決めて勝ちます!」とニヤリ。

 いざキックオフの笛が鳴ると、戦前の予想と違い、ウタカペースで試合が進む。「本当にファーストタイム!?」(SHO-NO)と思わせる直前の練習で習得した小気味よいショートパスでプレスを外していく。

 前半こそスコアレスで折り返したが、後半に入ると“ウタカのウタカ”が仕事をする。パスカットしたウタカがドリブルで持ち込むと、そのまま決めてチームウタカが先制。リアルウタカは “DABポーズ”を披露して、喜びを表現した。直後にも鮮やかなカウンターから抜け出して2点目を決めると、SHO-NOは悲しい表情に。ウタカは慰めつつもご満悦な様子。

[写真]=野口岳彦

 SHO-NOは永井謙佑で意地の1点を返すと、お返しとばかりにゲーム内のゴールパフォーマンスで“DABポーズ”をやり返してみせた。これにはウタカも自分のパフォーマンスだと言わんばかりに「なんで?!違うよ!」と苦笑い。

 結果は2-1で終了のホイッスル。ウタカが初心者とは思えないテクニックを見せて勝利した。SHO-NOは「(ウタカが)うまくなるスピードが速い」と目を丸くし、「これからもやり続けて、うまくなりたいです」とリベンジ宣言。ウタカは「手ごわい相手でした」と謙遜する一方、「ゲーム内の僕もすごく似ていて、いい感じだったよ! 『FIFA 18』は自分で買って、もっと練習したいね」と作品に登場する自身のビジュアルに満足感を示しつつ、さらなるスキルアップに意欲を見せ、ビッグスマイルで戦いの場を後にしている。

■PHOTO GALLERY

[写真]=野口岳彦

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
町田
68pt
大分
66pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る