FOLLOW US

2日の「やべっちFC」は原口、浅野ら海外組が集結! ミニサッカーで大激突

スーパープレーが連発! ガチンコ対決の行方はいかに

 豪華メンバーが集結した。7月2日放送の『やべっちF.C.』で、海外組オールスターズvsやべっちF.C.が実現。酒井宏樹(マルセイユ)、原口元気(ヘルタ・ベルリン)、浅野拓磨(シュトゥットガルト)、小林祐希(ヘーレンフェーン)、奥川雅也(SVマッテルスブルク)によるスペシャルチームが、やべっちF.C.チームと4対4のミニサッカーで激突する。

 対決の模様は、2日(日)深夜0時5分からテレビ朝日系列で放送予定。

NIKE

2016-17シーズンを一言で振り返ると?

収録に潜入し、シーズンの総括を伺いました!

原口元気】自
今シーズンはめまぐるしくて、自分がどんな選手なのか、どういう状況なのかが分からなくなってしまう時がありました。そのなかで、いい時も悪い時も、自分と向き合う時間や、自分を理解する時間が必要だと思いました。どれだけ自分と向き合えるか。それが一番大事だと感じたシーズンでしたね。

酒井宏樹】チャレンジ
本当にこの1年間はいろいろなことにチャレンジしました。取り入れてみてダメだったら、違うことをやってみたり。トライ&エラーの連続でした。固定概念を持たずに、何事にもどんどんチャレンジしていこうと思えたのは良かったですね。

浅野拓磨】悔しさ
単純ですけど、頭にパッと浮かんだのは「悔しい」という気持ちです。2部優勝は僕のなかで最低限の目標だったので、プラスアルファで自分に何ができたのか。そう考えると、やっぱり悔しいシーズンでした。同時にいろいろなことが見えた1年だった。消極的になってはいないですし、常に前向きでやれているので、来シーズンが楽しみです!

小林祐希】進
去年の目標が「進」だったんですけど、今年の総括も「進」ですね。進もうとして、進んだ。そして、これからも進む。深いでしょう?(笑)

【奥川雅也】経験
特に今シーズンはいい経験が積めました。自分のプレーが出せたと実感した1年でした。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO