2017.01.03

活動休止のラモス瑠偉氏、順調な回復も「2週間ほどは気が抜けない」

ラモス瑠偉
活動を休止しているラモス瑠偉氏 [写真]=J.LEAGUE PHOTOS
サッカー総合情報サイト

 昨年12月30日に、脳梗塞と診断されたために当面の活動を休止することを発表した元日本代表MFラモス瑠偉氏に関して、3日に公式ブログで経過が報告された。

 同ブログを更新したのは、ラモス瑠偉氏の娘。「皆様に休業をご報告してから数多くの応援メッセージを頂き、ラモス瑠偉本人を始め、家族、そしてスタッフ一同心から感謝申し上げます。皆様の言葉に支えられ1日1日頑張れております」と感謝を示した。

 現状については、「脳梗塞と診断されてから5日経ちますが日に日に意識もはっきりとしており、様々な症状の改善も見られ回復へと前向きに向かっております。まだ検査は残っておりますが、結果次第では早速リハビリを始めることもできると先生方に言われております」と順調な回復ぶりを報告。それでも、「まだまだ再発や失血などの危険性もあり、2週間ほどは気が抜けない状況です」と予断を許さない状況であることを伝えた。

「川淵チェアマンを始めサッカー会の各関係者の皆様、日本だけではなくブラジルからもジーコさんやロマーリオさん、いつもお世話になっている方々やスポーツ会、芸能界、そしてファンの皆さん」からメッセージが集まったというラモス瑠偉氏。「全て本人に伝わっております」とした上で、「本当に皆様の想いが、祈りが、父の力になっております。1日でも早く皆様に元気な姿を見せられるよう必死に戦い、頑張っております」と全力でリハビリに取り組んでいることを伝えた。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る