2016.08.02

本田圭佑がエンジェル投資家に…5000万円を「賢くて勇敢な起業家」に投資する意向

本田圭佑
本田圭佑がエンジェル投資家としての活動を行っていく意向を示した [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ミランに所属する日本代表MF本田圭佑が、「エンジェル投資家」としてベンチャー企業への投資などを行っていく意向を明らかにした。

 7月に『デジタルガレージ ファーストペンギンアワード』の初代受賞者として表彰を受けた本田。同賞は、獲物を得るために危険を覚悟して海に飛び込むペンギンになぞらえ、世界を舞台に独創的な挑戦を続ける人を称えるもので、サッカー選手の枠にとらわれず経営者や教育者としての活動を展開する本田が選出された。

 そして、副賞の5000万円を「意味のある形で使いたい」と述べていた本田は、8月1日に自身のインスタグラム(https://www.instagram.com/keisukehonda_official/)を更新。

「先日、ファーストペンギン賞を受賞させて頂いた際に、賞金として5000万円頂きました。これからそのお金をエンジェル投資家としてスタートアップやベンチャー企業に全額投資していきます。僕自身がファーストペンギンかどうかは置いておいて、こんな光栄な賞で頂いた5000万円を何に使うか考えました。1つの答えとして、ファーストペンギンに成る可能性のある賢くて勇敢なスタートアップやベンチャー企業の起業家達に投資をしようと、勝手ながら決めさせて頂きました。先ずは10社くらいに投資していこうと考えています」と決断に至った経緯を説明し、今後も投資家としての活動を続けていくと明かした。

「今回の賞金に限らず、今後もKSK Angel Fundを通して次世代に少しでもより平和で明るい未来を残せるように、エンジェル投資家として可能な限り投資し続けていこうと考えています。行動あるのみ」

I was honored to receive $500,000 from the First Penguin Award. The award was named after the spirit of the first penguin that jumps into the ocean to get fish to survive, despite the possibility of encountering dangerous predators. Whether if I am a “First Penguin” or not is a separate discussion, but I thought long and hard about how to utilize the capital that I receive from such an honorable award. The answer I reached is to become an angel investor and invest the money in approximately 10 smart and brave entrepreneurs that have the “first penguin spirit” and are seeking start up or venture capital. Besides these initial investments, I will continue to invest in early stage companies that seek to create a brighter future for the next generation through the KSK Angel Fund. 「先日、ファーストペンギン賞を受賞させて頂いた際に賞金として5000万円頂きました。これからそのお金をエンジェル投資家としてスタートアップやベンチャー企業に全額投資していきます。ファーストペンギンというのは、海にいる様々な肉食獣に恐れながらも、勇気を持って1番に海に飛び込むペンギンのとこを言うそうです。僕自身がファーストペンギンかどうかは置いておいて、こんな光栄な賞で頂いた5000万円を何に使うか考えました。1つの答えとして、ファーストペンギンに成る可能性のある賢くて勇敢なスタートアップやベンチャー企業の起業家達に投資をしようと勝手ながら決めさせて頂きました。先ずは10社くらいに投資していこうと考えてます。今回の賞金に限らず今後もKSK Angel Fundを通して次世代に少しでもより平和で明るい未来を残せるようにエンジェル投資家として可能な限り投資し続けていこうと考えています。行動あるのみ。」 New URL updated on our profile.

A photo posted by Keisuke Honda (@keisukehonda_official) on

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
54pt
群馬
51pt
Jリーグ順位をもっと見る