2016.07.29

30歳の本田圭佑が今思うこと…「挑戦者の手本のような存在でいたい」

『FOOT×BRAIN』で対談した本田圭佑と勝村政信
サッカー総合情報サイト

 ミランで背番号10を背負い、日本代表ではエースとして戦う本田圭佑は2015年からオーストリアのSVホルンの実質オーナーとして経営者としても活躍の場を広げる。30日にテレビ東京で放送される『FOOT×BRAIN』ではMCの勝村政信さんが本田と対談。セカンドキャリアについてなど、本田が今考えていることに迫る。

 数多くのことに挑戦を続けている本田。「今の自分は選手としても経営者としても、まだまだやらないといけないと思っている。“まだまだ挑戦するな、あいつ”と言われるような、挑戦者の手本のような存在でいたい」と番組内で語る。1人の経営者としては新米の1年目を過ごしたが、「人に言えるほどの勝算はない。でも“イケる”という感覚を大事にしてここまで来た。その感覚で行ってきた意思決定が全部成功したという1年だった」と振り返っている。

 今後のSVホルンの目標や、自身のセカンドキャリアについてなど、30歳を迎えた本田が今何を考えているかに迫る『FOOT×BRAIN 本田圭佑登場!今ホンダケイスケが考えていること…』は、7月30日24時50分からテレビ東京で放送される。

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る