2015.09.04

ブラインドサッカー日本代表、日韓戦を制して3位に浮上/アジア選手権3日目

ブラインドサッカーアジア選手権3日目の結果

 IBSA ブラインドサッカーアジア選手権 2015の大会3日目が4日に国立代々木競技場フットサルコートで行われた。

 同大会は、日本、中国、韓国、イラン、インド、マレーシアの6カ国で1回戦総当りのリーグ戦が行われ、その後、各国が順位に応じて5位決定戦、3位決定戦、決勝戦に臨む。決勝進出を果たした2カ国には2016年に開催されるリオデジャネイロ・パラリンピックの出場権が与えられる。

 第2戦までを終えて1分け1敗で勝ち点1の日本は、残り3戦全勝がパラリンピック出場の最低条件となった。韓国との日韓戦となった試合は、前半16分に黒田智成の得点で日本が先制。更に後半10分、川村怜が追加点を挙げて日本が2-0で韓国を下した。この結果、日本は暫定3位に浮上している。

 その他、中国がマレーシアを2-0で下し、イランが大量10ゴールを奪ってインドに完勝を収めた。

■3日目の結果
中国  2-0 マレーシア
イラン 10-0 インド
韓国  0-2 日本

■順位表
1位 中国 (勝ち点9/得失点差4)
2位 イラン (勝ち点7/得失点差15)
3位 日本 (勝ち点4/得失点差1)
4位 韓国 (勝ち点3/得失点差3)
5位 マレーシア (勝ち点3/得失点差-6)
6位 インド (勝ち点0/得失点差-17)

■4日目の対戦カード(5日開催)
イラン vs 中国
日本 vs インド
韓国 vs マレーシア

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る