2015.08.11

南米王者リーベルがスルガ銀行杯制覇…主力欠くG大阪を攻守に圧倒

得点を祝うリーベル・プレートの選手たち [写真]=LatinContent/Getty Images

 スルガ銀行チャンピオンシップ 2015OSAKAが11日に行われ、ガンバ大阪とリーベル・プレートが対戦した。

 2014・Jリーグヤマザキナビスコカップ王者のG大阪とコパ・スダメリカーナ2014を制したアルゼンチンのリーベル・プレートによる一戦。G大阪は東アジアカップ2015に参加したGK 東口順昭、DF丹羽大輝、DF米倉恒貴、FW宇佐美貴史がメンバー外となり、DF藤春廣輝とMF倉田秋はベンチスタートとなった。一方、5日にコパ・リベルタドーレスを制し南米王者となったリーベル・プレートは、MFカルロス・サンチェスや元アルゼンチン代表FWハビエル・サビオラが先発に名を連ねている。

 開始5分にリーベル・プレートが最初のチャンスを迎える。エリア手前右でボールを持ったC・サンチェスが左足でミドルシュートを放つも枠の上に外れた。すると直後の8分に試合が動く。リーベル・プレートがゴール前に攻めこむとサビオラのシュートがこぼれたところに反応したニコラス・ベルトロを井手口陽介がエリア内で倒してしまいPKが与えられる。これをC・サンチェスがゴールど真ん中に蹴りこみ先制点を奪った。

 G大阪に決定機が生まれたのは22分。自陣中央から今野泰幸が前線にロングボールを送ると、GK マルセロ・バロベロはエリア外に飛び出してクリアを試みたが、目測を誤り高くバウンドしたボールが頭上を超える。しかし、このボールをコントロールしたパトリックが無人のゴールを前にシュートまで時間をかけすぎ、戻ったGKに阻まれてしまう。

 ピンチを防いだリーベル・プレートは31分に突き放す。C・サンチェスが蹴った左CKにガブリエル・メルカドが高い打点からヘディングを放つと、山なりのシュートがゴール左に吸い込まれた。2点を失ったG大阪は早くも選手交代。41分、金正也に代えて倉田をピッチに送り出した。

 前線から積極的にプレッシャーをかけ、セカンドボールへの反応も早いリーベル・プレートが主導権を握り、G大阪は苦しい展開で前半を終える。

 6人まで選手交代が可能なこの試合、G大阪は後半開始から明神智和との交代で藤春がピッチに立った。対するリーベル・プレートも52分に動く。ルーカス・ボジェ、レオナルド・ポンシオ、セバスティアン・ドリウッシの3選手を下げゴンサロ・マルティネス、タバレ・ビウデス、レオナルド・ピスクリチを投入した。

 55分には大森晃太郎に代えて二川孝広を入れたG大阪だが、逆にリードを広げられてしまう。61分、CKをしのいだリーベル・プレートが正確にボールをつないで攻め上がると、スルーパスに抜けだした途中出場のマルティネスがエリア内右から、左足で弧を描くシュートをゴール左上に決めた。直後の20分、サビオラとの交代でルイス・ゴンサレスがピッチに入る。

 一矢報いたいG大阪は69分、少ないタッチでパスをつなぎ左サイドから二川がグラウンダーのクロスを入れる。ニアサイドに遠藤保仁、ファーにパトリックが飛び込んだがいずれもボールに触ることができず、得点には至らなかった。さらに71分、パトリックとの交代で赤嶺真吾が投入されると、77分には二川が左サイドに展開したボールを阿部浩之が折り返す。このボールをゴール前で赤嶺がスルーし、最後は倉田がシュートを狙ったがGKに阻まれてしまった。

 リーベル・プレートは79分に先制点を挙げたC・サンチェスを下げカミーロ・マジャダを入れ逃げ切りを図ると、最後までG大阪の攻撃を無失点に抑え、3-0の快勝でスルガ銀行チャンピオンシップを制した。

【スコア】
ガンバ大阪 0-3 リーベル・プレート

【得点者】
0-1 8分 カルロス・サンチェス(リーベル・プレート)(PK)
0-2 31分 ガブリエル・メルカド(リーベル・プレート)
0-3 61分 ゴンサロ・マルティネス(リーベル・プレート)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
バイエルン
3pt
シャルケ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
49pt
C大阪
45pt
川崎F
45pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
60pt
福岡
55pt
名古屋
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
沼津
35pt
富山
35pt
Jリーグ順位をもっと見る