2015.07.12

ハリルホジッチ監督が勝利宣言、子どもたちに「次は絶対に勝つ」と約束

ヴァイッド・ハリルホジッチ
チャリティーサッカーイベントに参加したハリルホジッチ監督(中央)

 12日、JFAハウス1F 日本サッカーミュージアム ヴァーチャルスタジアムで『ウブロ チャリティーサッカーイベント with ヴァイッド・ハリルホジッチ』が開催された。

 本イベントは、ウブロが行う東日本大震災の被災地支援の一環で、2013年3月に英国で開催された日本代表MF香川真司との『ウブロチャリティーシュート』イベントがきっかけとなり、被災地支援と子どもたちの夢を実現するために企画されたもの。

 今回は、日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督によるサッカースクールが行われ、岩手県陸前高田市の高田FCに所属するサッカー少年11名が参加した。緊張した面持ちでパス交換をする子どもたちに向けて、ハリルホジッチ監督はバルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを例に挙げながら、「ボール運びとコントロールは基本。ボール運びはメッシが一番上手だよね? できるだけ短い距離で頻繁にボールを触りながら、コントロールをしてみて」と、実践を交えて指導した。

 子どもたちからの質問時間も設けられ、「相手を一番かわしやすいフェイントは何ですか?」や「低いシュートを打つためにはどんな蹴り方をしたらいいですか?」といったサッカーに関するものから、「一番好きな日本食は何ですか?」などの質問が寄せられた。

「日本の好きなところはどこですか?」と問われると、「こんなに美しい国に来たのは約3カ月前で、まだまだいろんなところへ訪れる時間がない。日本には歴史的な街がたくさんあるので、そういう文化に触れたいと思っている。たくさんの場所に行ってみたいが、今一番やらないといけないことは日本の選手を知ること。だからいっぱい仕事をしていて時間がないんだ。もう少ししたら、家族にも来て欲しいと思っているから、いろんな街を見てみたい」と回答。

 さらにはハリルホジッチ監督から「今の日本代表がやっているプレーに満足している? この前は勝てなかったんだけど、あれは残念だったよね?」と逆質問も飛び出し、子どもたちは少し困惑した表情を浮かべながらも「残念でした」と答えた。ハリルホジッチ監督は、「私も残念でした。でも約束する。次は絶対に勝つよ」と子どもたちに勝利を誓った。

 短い時間ではあったが、子どもたちとの交流を楽しんだハリルホジッチ監督。「私は震災が起きたとき日本にはいなかったが、テレビで観た津波の映像を忘れることはできない。戦争を体験した身として、どんなに困難な状況だったかを感じることができるからこそ、今回のチャリティーに参加できて誇りに思っている」との思いを明かし、「いつか現地で子どもたちがどんなサッカーをしているのかを見てみたい。私は日本代表の監督としてだけではなく、一人の人間としてポジティブに仕事をしたいと思っている。岩手県だけではなく、多くの被災地へ行って、勇気を与えていきたい」と、今後もできる限りの手助けを行っていきたいと語っている。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る