2015.06.29

女子限定の新感覚フェスが刺激的……バブルサッカー×ガールズの第1回大会の興奮は最高潮に

6月28日、女子限定のバブルサッカー大会が行われた

 人気沸騰中のバブルサッカーのガールズイベントが28日、「KFCクラッシャーズ プレゼンツ GIRL’S BUBBLE FESTIVAL VOL.1~かわいいはハジける~」と題して、東京タワーメディアセンターSTUDIO EARTHで行われた。

 バブルサッカーは2014年2月の日本初上陸以来、日本バブルサッカー連盟が主催するものだけではなく、数多くの大会やイベントが開かれるようになっているが、今回はケンタッキーフライドチキンの飲むスイーツ「Krushers(クラッシャーズ)」の新作アサイー&ベリーミックス発売を記念して、国内で初めて“女子限定”という形態で開催された。

 大会は4チーム総当りによるグループリーグが午前、午後、夕方の3回にわたって組まれ、その勝者が決勝トーナメントを争うというレギュレーション。参加者の多くは5人~6人の仲間内で登録し、会場でブッキングされた10人ほどの急増チームによって1チームが構成された。いわゆる、「初めまして」の状態から、いかにチーム一丸となってこのスポーツを楽しめるかが重要視されていた。実際、試合前にはバブルサッカーの「バブル」の扱いに慣れるためのレクリエーションなども行われ、そうした時間の共有によって、各チームは早くも団結を見せていた。

 そして気が付けば参加者の間は笑顔が溢れ、大会はガールズならではの高揚感に包まれていく。加えて、リーグごとに「ガールズバブルドレッサー賞」が設定され、場内に特設されたKFCのフォトブースで、ピンクや紫など思い思いのコスチュームに身を包んだ参加者たちが、この賞の受賞を目指して「クラッシャーズ」を片手に撮影会を楽しんでいた。

 10代後半から30代前半を中心に学生や社会人チームなど、多様な参加者が集まったイベントは、「バブルサッカー×ガールズ」という組み合わせによって興奮が最高潮に達し、最高の雰囲気に包まれて幕を閉じた。こうしたバブルサッカー需要も日に日に拡大しており、すでに8月8日には「GIRL’S BUBBLE FESTIVAL VOL.2~かわいいはまたハジける~」という第2回大会も予定されている。ぜひ一度、新感覚の驚きと刺激に溢れる同イベントに触れてみてはいかがだろうか。

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る