2015.02.15

前園真聖がドラマ初出演…『問題のあるレストラン』に本人役で登場

前園真聖
『問題のあるレストラン』に本人役で出演する前園真聖

 毎週木曜日午後10時にフジテレビで放送しているドラマ『問題のあるレストラン』。2月19日(木)の第6話に、元サッカー日本代表の前園真聖がゲスト出演することが明らかになった。

 ドラマ初出演となる前園が演じる役は“前園さん”。本人役ということで、おしゃれな前園らしく、衣装も自前のものを2パターン用意して挑むこととなった。

 第6話は、田中たま子(真木よう子)に門司誠人(東出昌大)が「店を辞めて俺の嫁になれ」と告げる衝撃のシーンからスタート。そんな中、たま子たちが運営するレストランに前園真聖と、その友人のロビン(ジョナサン・シガー)が来店する。

 撮影が行われたのは、2月半ばの日曜早朝。ドラマの舞台である表参道のビル屋上に颯爽と現れた前園は、「前園さん役の前園真聖さんです!」と紹介されると、さわやかな笑顔で「よろしくお願いします」と挨拶。リハーサル、本番と撮影が進む中、監督からアドリブを求められると、ナチュラルなアドリブも飛び出し、初のドラマ出演とは思えないしっかりとした演技を見せた。

 撮影後、前園は「不思議な感じです。(ドラマ出演が)決まった時からずっとドラマを拝見していたので、ドラマで見ていた場所に実際に来て、“あのセットがここかぁ”と思いまして。ドラマで見たのは、夜のシーンが多かったのですが、今回は昼間で、天気も良くて、デザートもおいしかったし、楽しかったです」とコメント。ドラマ初出演については「緊張しました。前の晩もほとんど眠れませんでした。(現場に入ってみて)現場の雰囲気もまったく初めてのことなので、とても緊張してました」と話した。

 今後の俳優活動については、「それはないです! ただ、ありがたいことに、いろんなことをやらせていただいているので、これからもいろいろ楽しみながら挑戦していきます」と活動の幅を広げていきたいと明かした。

 理不尽な世の中にユーモアを交えて一石を投じる『問題のあるレストラン』は、個性あふれるキャラクターが織りなす人間模様を描き、笑えて思わず泣けるドラマ。脚本家・坂元裕二の希望で実現した前園の出演シーンに注目が集まる。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
53pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る