2014.08.01

ネイマールがW杯を語る「ドイツの優勝は必然だった」

ネイマール
レッドカーペットを歩いて登場したネイマール<写真提供:フジテレビ>

 バルセロナに所属するブラジル代表FWネイマールが7月31日、フジテレビの夏イベント「お台場新大陸2014~地図にないキミだけの宝島~」に登場した。

 イベント内では、トークショーも実施。母国開催だったブラジル・ワールドカップで印象に残っているゴールを問われると、「どれもすごく大事なゴールだったけど、僕にとって最初の大会で最初のゴールということで、一番最初のゴール」と返答。開幕戦だったクロアチア代表との試合での得点を挙げた。

 また、ワールドカップで強いと感じたチームに関しては、「何と言ってもドイツ」と語り、「コンスタントな結果を重ねてきていたし、ワールドカップの優勝というのは、必然だったと思う」と称えた。

 ネイマールは母国で行われたワールドカップで、背番号「10」を背負い出場。準々決勝のコロンビア代表戦で負傷するまで、5試合で4ゴールを挙げていた。ブラジル代表は、準決勝でドイツ代表に1-7で大敗。3位決定戦でも敗れ、4位に終わっていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る