2014.03.02

Fリーグで名古屋オーシャンズが7連覇達成…大分とのPO決勝制す

 Fリーグのプレーオフ決勝第2戦が2日に行われ、リーグ1位の名古屋オーシャンズとリーグ2位のバサジィ大分が対戦した。

 前日の第1戦を大分が7-6で制して、1勝1敗(リーグ1位の名古屋には1勝のアドバンテージ)で迎えた第2戦。勝者がリーグ優勝となる中、名古屋の攻撃陣が爆発。序盤にラファエル・サカイが2点を奪うと、前半の内に渡邉知晃、星龍太、前鈍内・マティアス・エルナンが追加点を奪い、折り返す。

 後半に入っても、攻撃の手を緩めない名古屋は、吉川智貴と星が追加点をマーク。守備も大分を完封して、7-0と圧勝を収めた。

 2勝1敗でプレーオフ決勝を制した名古屋は、リーグ7連覇を達成。今季はリーグの前後期ともに1位となり、完全優勝となった。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
山口
38pt
大分
37pt
町田
35pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
27pt
沼津
24pt
鳥取
24pt
Jリーグ順位をもっと見る