FOLLOW US

両者譲らず計6ゴールの激闘はPK戦の末に岡山学芸館が初の決勝へ

2023.01.07

 第101回全国高校サッカー選手権大会の準決勝が7日に国立競技場で行われ、神村学園(鹿児島)と岡山学芸館(岡山)が対戦した。

 試合は立ち上がりから神村学園がゴールに迫っていく。2分、左サイドからのCKにDF中江小次郎がヘッドで合わせるも、シュートはゴール左へ。4分には準々決勝で活躍したFW西丸道人が積極的にミドルシュートを放つも枠を捉えきれない。

 対する岡山学芸館もFW今井拓人がシュートまで持ち込んで反撃を試みると、6分に左サイドからMF岡本温叶がゴール前にセンタリングを送り、これにMF田口裕真が反応。最初はミートできなかったが、持ち直して冷静にゴールへと流し込み先手を奪った。

 その後は、ボールを支配しようとする神村学園に対し、ボールを失うと素早い切り替えを見せる岡山学芸館が球際で強さを見せて応戦する展開が続く。神村学園は23分、MF金城蓮央がボックス左から右足でゴールを狙うが、わずかに枠の左へ。33分には、MF積歩門がゴール正面ボックスの手前からゴール右を狙ったが、GK平塚仁の好セーブにゴールは阻まれる。

 すると38分、FW福田師王のポストからボックス手前の金城が右足で強烈なシュートを放つ。これはGKにセーブされたが、わずかにこぼれたボールに福田が素早く反応。これを右足で押し込み、神村学園が試合を振り出しに戻した。

 同点ゴールの直後、神村学園は得点前から準備していたMF名和田我空とMF髙橋修斗を投入。攻撃陣を入れ替えてテコ入れを図ると、42分には投入されたばかりの名和田がボックス右角付近から右足を振り抜きシュートを放ったが、ボールはクロスバーの上を叩いた。

 1-1というスコアで迎えた後半、先に決定機を迎えたのは神村学園。52分、ボックス中央への浮き球を福田が胸トラップでコントロールし、そのままシュートを狙ったがボールは枠を外れる。しかし59分、ゴール正面やや右、ボックスの手前で神村学園がFKを獲得すると、MF大迫塁が左足で直接狙ったシュートが壁に当たってコースが変わり、ゴールネットを揺らした。

 4試合連続で逆転に成功した神村学園だったが、岡山学芸館も61分、ボックス左の深い位置でボール持ったMF山田蒼がゴール前に折り返すと、これをニアサイドで受けた今井が巧みな反転から右足でゴール左にシュートを決め、すぐさま同点に追いついた。

 神村学園は69分、DF吉永夢希の強烈なシュートでCKを得ると、大迫の右CKにボックス中央の中江がヘッドで合わせて勝ち越しに成功する。しかし、このまま試合は終わらない。73分、ゴール正面やや右、ボックスの手前でボールをコントロールした岡本が左足を振り抜くと、これがゴール左に決まるスーパーゴールとなり、試合は三度振り出しに戻った。

 その後は両者譲らず3-3のまま試合は終了。決勝の舞台に立つための切符はPK戦の結果に委ねられ、2人が失敗した神村学園に対して全員が成功した岡山学芸館が初の国立で初の決勝進出を決めた。

【スコア】
神村学園 3-3(PK:1-4)岡山学芸館

【得点者】
0-1 6分 田口裕真(岡山学芸館)
1-1 38分 福田師王(神村学園)
2-1 59分 大迫塁(神村学園)
2-2 61分 今井拓人(岡山学芸館)
3-2 69分 中江小次郎(神村学園)
3-3 73分 岡本温叶(岡山学芸館)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO