FOLLOW US

青森山田が3大会ぶり3度目の選手権制覇で“3冠”達成! 大津は初優勝ならず

青森山田が3大会ぶり3度目の優勝 [写真]=野口岳彦

 第100回全国高校サッカー選手権大会決勝が10日に行われ、大津(熊本)と青森山田(青森)が対戦した。

 今大会の決勝は、初の決勝進出で初優勝を目指す大津と、4大会連続の決勝進出を果たし、インターハイ、プレミアリーグ、選手権の“3冠”達成を狙う青森山田の対決となった。

 立ち上がりから多くのセットプレーを獲得し、チャンスを作り出した青森山田は37分、CKから丸山大和が頭で叩き込み、青森山田が先制に成功した。さらに41分には田澤夢積のクロスに走り込んだ名須川真光が滑り込みながら合わせ追加点をマーク。青森山田の2点リードで前半を折り返した。

 後半に入っても攻撃の手を緩めない青森山田は後半開始早々、名須川に追加点のチャンスがあったものの、左足のシュートはGK佐藤瑠星が好セーブでピッチを防ぐ。

 追いかける大津はその後、何度かセットプレーを獲得し、ゴール前まで迫ったものの、再びスコアを動かしたのは青森山田だった。55分にロングスローのこぼれ球から藤森颯太がゴール前へ頭で折り返すと、走り込んだ松木玖生が頭で叩き込み、リードを3点に広げた。さらに、78分には小野暉のクロスがDFに当たりながらゴール前へと上がると、渡邊星来が頭で合わせ追加点を挙げた。

 試合はこのまま終了。最後まで大津にシュートを打たせなかった青森山田が3大会ぶり3度目の選手権制覇を成し遂げた。敗れた大津は熊本県勢初優勝を飾ることはできなかった。

【スコア】
大津 0-4 青森山田

【得点者】
0-1 37分 丸山大和(青森山田)
0-2 41分 名須川真光(青森山田)
0-3 55分 松木玖生(青森山田)
0-4 78分 渡邊星来(青森山田)



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO