FOLLOW US

市立船橋、大量4得点で選手権初戦を突破! 佐賀東は反撃及ばず

市立船橋が初戦突破 [写真]=野口岳彦

 第99回全国高校サッカー選手権大会が31日に行われ、市立船橋(千葉)と佐賀東(佐賀)が対戦した。

 試合は序盤から市立船橋のペースで進むも、佐賀東は決して守備一辺倒にはならず、ボールを握る時間帯を作りながらチャンスを伺う。両チーム高いインテンシティを保ちながら試合は進行していくも、なかなかネットを揺らすことはできない。

 このまま前半終了かと思われた40分、市立船橋がチャンスをつくり出す。右サイドを駆け上がってきた長田京兵が強烈な一撃を放つも、シュートはポストに嫌われる。それでも、こぼれ球に反応した木内拓海が力強いシュートを叩き込み、市立船橋が先手を取った。前半はこのまま終了する。

 後半に入ると、勢いに乗る市立船橋が攻勢を強める。46分、こぼれたボールを拾った坪谷至祐がドリブル突破を試みる。相手DFに当たりながらもゴール前に迫り、最後は左足で流しこんで追加点を沈めた。

 止まらない市立船橋は49分、ペナルティエリア右側でパスを受けた加藤想音が右足で狙い澄ましたシュートを狙う。ボールはゴール左隅に吸い込まれ、市立船橋がリードを3点に広げた。

 負けられない佐賀東も即座に反撃へ。53分に森田悠斗が強引にシュートを狙うと、58分には横パスを受けた“10番”の小屋諒征が強烈なミドルシュートを叩き込む。頼れるエースの一撃で、佐賀東が1点を返した。

 その後は佐賀東が1点を返すべく攻撃的な姿勢を見せるも、市立船橋は集中力を切らさない。逆に市立船橋は77分、右サイドからのクロスを木内が押し込み、自身この日2ゴール目を記録。試合を決定づける4点目を奪った。

 試合はこのままタイムアップ。昨年度の大会では初戦敗退を喫していた市立船橋が、佐賀東を下して初戦突破を決めた。勝利した市立船橋は、1月2日に行われる2回戦で那覇西と対戦する。

【スコア】
市立船橋 4-1 佐賀東

【得点者】
1-0 40分 木内拓海(市立船橋)
2-0 46分 坪谷至祐(市立船橋)
3-0 49分 加藤想音(市立船橋)
3-1 58分 小屋諒征(佐賀東)
4-1 77分 木内拓海(市立船橋)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO