FOLLOW US

帝京大可児が3得点で2回戦に駒を進める…初芝橋本は反撃及ばず

帝京大可児が初芝橋本を下して1回戦を突破した [写真]=小林渓太

 第99回全国高校サッカー選手権大会1回戦が31日に行われ、帝京大可児(岐阜)と初芝橋本(和歌山)が対戦した。

 帝京大可児は11分、大森涼が相手のミスから高い位置でボールを奪取すると、そのままドリブルで仕掛ける。最後はDFを一人交わして冷静に放ったシュートがゴールネットを揺らし、帝京大可児が先制に成功した。さらに16分には糸魚川侃太郎が追加点を挙げて早くも点差を広げた。

 帝京大可児は続く31分、左サイドから相手ゴール前に切り込む。初芝橋本は必死の守備を見せるが、混戦から大森が叩き込んで3点差に突き放した。

 対する初芝橋本は34分、西淵啓斗のフリーキックがクロスバーを叩くと、そのリフレクションを制した七星優斗が頭で押し込んで1点を返した。

 その後は両者チャンスを作り出すが得点は生まれず、試合はそのまま終了。3-1で勝利した帝京大可児が2回戦に駒を進めた。

【スコア】
帝京大可児 3-1 初芝橋本

【得点者】
1-0 11分 大森涼(帝京大可児)
2-0 16分 糸魚川侃太郎(帝京大可児)
3-0 31分 大森涼(帝京大可児)
3-1 34分 七星優斗(初芝橋本)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO