FOLLOW US

矢板中央がPK戦を制し4連覇達成…GK藤井がPKストップで11度目となる全国へ

 第99回全国高校サッカー選手権大会栃木県予選決勝戦が14日に行われ、矢板中央が宇都宮短大附を下して4年連続11回目となる全国大会出場を決めた。

 試合は両者譲らず、終始拮抗した展開に。前半でスコアが動くことはなく、そして後半終了時点でも0ー0で試合は延長戦へと突入した。しかし延長の前後半でもスコアレスで、結局試合はPK戦に。矢板中央はGK藤井陽登が3人目のシュートを止める活躍を見せ、4ー1で勝利を収めた。一方、大会初優勝を目指し王者を苦しめた宇都宮短大附だったが、惜しくもあと一歩及ばなかった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO