FOLLOW US

インターハイの中止に代表選手がメッセージ…大迫「努力してきたことは絶対にプラスになる」

メッセージを送った大迫(左)と熊谷(右) [写真]=Getty Images

 公益財団法人全国高等学校体育連盟(高体連)は、今年の8月から行われる予定だった「令和2年度全国高等学校総合体育大会」の中止を決定した。そして今回の“インターハイ”中止を受けて、サッカー日本代表の選手たちもSNSで反応を示している。

 新型コロナウイルスの感染拡大を考慮し、高体連は昭和38年に始まって以来、初めてインターハイの中止を決定した。この発表に関して、ブレーメンに所属する日本代表FW大迫勇也はJFA(日本サッカー協会)のYouTube動画で以下のように語っている。

「インターハイは僕も高校生の時、大きな目標だったので(中止は)残念です。きっとインターハイを一つの区切りとしてきた人もいると思います。ただ、みんなが目標に向かって努力してきたこと、チームで頑張ってきたことは、サッカーだけじゃなくこの先の人生で絶対にプラスになります。ここまで頑張ってきた皆は、何でも乗り越えられると信じています」

 また、オリンピック・リヨンに所属するなでしこジャパンDF熊谷紗希も、JFAの動画内で以下のように語った。

「皆が仲間と共に切磋琢磨し同じ目標を目指したことは、絶対に無駄にはなりません。私自身も一緒に戦ってくれた仲間たちがいなければ、あの厳しい練習は乗り越えられなかったと思うし、あの高校3年間があったから今の自分がいると自信を持って言えます。この先まだまだ色々なことがあると思いますが、頑張ることを知っている皆なら、必ず乗り越えられると信じています」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA