FOLLOW US

初戦敗退の名門・常盤木…姉も着けた10番を背負った沖野るせり「思うようにいかなかった」

10番を背負った常盤木の沖野るせり [写真]=吉田孝光

 第28回全日本高等学校女子サッカー選手権大会が3日に開幕し、兵庫県内で1回戦の16試合が行われた。

 前回大会準優勝の常盤木学園高校(東北1/宮城)と、高校女子選手権2回目の出場となる大阪学芸高校(関西3/大阪)の対戦は、25分までに3失点した常盤木が0-3で敗れ、名門が1回戦で早々に姿を消すこととなった。

 2大会前の高校女子選手権1回戦も大阪学芸と対戦し、0-1で敗れていた常盤木は、そのリベンジを誓って初戦に臨んだが、前回大会のようなリズミカルなパスがなかなかつながらない。後半の立ち上がりは何度かチャンスを作ったが、攻撃のスイッチを入れる加藤愛、及川莉子、沖野るせりが連続してプレーに関われないまま、試合終了のホイッスルを聞いた。

 2年前に姉の沖野くれあ(現・マイナビベガルタ仙台レディース→ASハリマアルビオン)が背負った背番号10を、今季から引き継いだ沖野るせりは、「10番として責任あるプレーを」と今大会に臨んだが、この試合で放ったシュートは後半の1本のみ。「今日のために準備をしてきたけど、思うようにいかなかった。後半にいい形は作ったけど、決めきらないと意味がない。最後までやっぱり、そこが課題だった」と自分を責めるようにこぼした。

 常盤木は今季、全国高等学校総合体育大会(インターハイ)出場を逃し、プレナスチャレンジリーグで最下位となったため降格が決まるなど、勝てないシーズンを過ごしていたが、それは最後まで好転しなかった。

 前回大会の準優勝を主力として経験した沖野は、「去年の3年生には(インターハイと高校女子選手権の)2回も決勝の舞台まで連れて来てもらったけど、今季は全然試合に勝てなくて……。自分が3年生になってからは辛いことの方が多かったけど、そういうふたつの感情を経験させてもらった。貴重な3年間だった」と、うつむきながら高校生活を振り返った。

 来季、プレナスなでしこリーグ2部のニッパツ横浜FCシーガルズに加入することが内定している沖野は、「常盤木で学んだことは絶対に無駄にならないはず。この3年間では、サッカー以外の部分もしっかり学べた。もっと自分のレベルを上げて、もっとチームに貢献できる選手を目指していきたい」と絞り出すように話し、失意のままミックスゾーンを離れて行った。

文=馬見新拓郎

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA