FOLLOW US

高川学園の“守備職人”がやってのけた大仕事…「ゴールを狙ってみようかなって」

高川学園のMF内田裕也(中央)が選手権初戦で大仕事をやってのけた [写真]=松橋隆樹

「ストロングポイントは守備」と自任する高川学園高の守備職人MF内田裕也(3年)がチームを勝利に導く活躍を見せた。

 冷静かつタフな寄せで相手の攻撃の芽を摘み、奪ったボールは的確に散らして攻撃のリズムを生み出す。北海と激突した1回戦では、「もっと球際で勝ちたかったけど、相手にボールが転がる場面が多かった」と反省を口にしたが、要所で持ち味を発揮し、無失点で試合を進める原動力となった。

 押し込まれる時間が増えた後半に入ってからは最終ラインを上手くサポートし、失点を回避する中、後半9分に最大の見せ場が訪れた。MF眞田颯太(3年)が「キーパーの背後に誰かが入ってくれると信じていた」と上げた左CKに、内田が反応。「信じて走ったら相手のマークを振り切れて、ドンピシャで足元にボールが来た。当てるだけという感じでした」とダイレクトで合わせたボールがゴールネットを揺らした。本来、内田に与えられたCKの役割はファーに入りクロスを中に折り返すことだが、「あの場面で1点取ればチームとして助かる。どうしても1点取りたいという気持ちがあったので、内側に入ってゴールを狙ってみようかなって思った」と振り返る通り、勝利への欲望が呼び込んだ一撃だった。

 勝利の立役者となった内田は小中学校時代に続き、「まだまだ伸びる選手。高校サッカーを通じて次のステージで頑張れるようになってほしい」という江本孝監督の意向によって、高校でもキャプテンを任された。江本監督自身も現役時代は同じように高川学園のキャプテンを務めていたため、内田に対する要求は高い。

「ビシバシ鍛えられた1年。『サッカーの面でも生活面でもキャプテンとして、チームをもう少し纏めてくれ』と言われ続けてきた」(内田)。

 重役を任されながらも、思い通りの結果が残せず内田とチームにとっては苦しい日々が続いた。インターハイ予選は準決勝で敗れ、全国大会出場を逃した。プリンスリーグ中国でも黒星が先行し、残留争いを強いられた。目指すターゲットが選手権のみとなった夏以降は内田を中心にチームのダメな所や練習の改善点について本音で語り合ったが、成績は向上せず匙を投げ出したくなる時期もあったという。

 そんな時に支えになったのは、江本監督から掛けられた言葉だ。

「チームが悪い時に、お前がどれだけ引っ張っていけるかが大事。良い時に引っ張るのは誰でもできる。悪い時にこそ引っ張れる奴が良いキャプテンだ」

 この1年、チームを引っ張るため内田は苦しい時に声を出したり、相手が押し込む時間帯では内田が率先してガムシャラなプレーを披露することでチームを盛り上げてきた。試合が動かない状況でのチームを鼓舞する声や、苦しい状況での得点はそうした1年での積み上げによる成果と言っても過言ではない。

「江本先生に色々言っていただき、人間的に成長できた。本当にキャプテンができて良かった」

 内田がそう話す通り、厳しい指導によってこの一年で逞しく成長したが、勝利に導く活躍は一度きりでは物足りない。

「活躍できて少しは見返せたかなと思うけど、もっと見返すくらいの活躍を次の試合でも続けたい」と意気込みを口にした。

取材・文=森田将義

MORELIA II JAPAN DEBUT!!|フットボール│ミズノ - MIZUNOMORELIA II JAPAN DEBUT!!|フットボール│ミズノ - MIZUNO

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA