FOLLOW US

スタンド応援から急遽、選手権出場へ…日大明誠の22番が5分間に込めた特別な想い

惜しくも1回戦敗退となった日大明誠だが、試合後、特別な想いを語ってくれた選手がいる [写真]=瀬藤尚美

 創部60年目にして初出場。悲願の選手権出場が叶い、日大明誠のモチベーションは試合前から最高潮だった。それは選手だけではない。熱気はスタンドにも波及。サッカー部、吹奏楽部、ダンス部、全校応援で訪れた一般生徒。誰もが並々ならぬ想いを持っていた。しかし、結果は1-3の敗戦。高校サッカー選手権を制した経験を持つ四日市中央工に対し、13分までに2失点を喫してしまう。その後に1点を返したが、後半早々に3点目を奪われて力尽きた。

 試合後、涙に暮れた日大明誠。そのピッチの中で特別な想いを持つ選手がいた。背番号22を背負う酒井蓮人(3年)だ。

 もともと酒井は大会前までベンチ入りを勝ち取れるか、微妙な立ち位置にいた選手だ。新チーム立ち上げ当初は出番を得ていたものの、以降は出場機会をつかめずにいた。すると、5月に酒井は決心する。応援リーダーに回ることを決めたのだ。「僕もチームの役に立ちたい」。性格的には先頭に立って盛り上げるようなタイプではなかったが、その一心でスタンド組を引っ張った。

 とはいえ、サッカー選手である以上はピッチに立ちたいと思うのは当然。応援組をまとめる傍ら、練習にも人一倍打ち込んだ。その想いが報われ、選手権予選ではメンバーに登録され、1回戦ではベンチ入りを果たす。出場機会は巡ってこず、以降は再びスタンドに戻ったが、選手権出場を決めた後も地道にトレーニングに励んだ。

「応援リーダーになっても腐らずにやると決めていたし、全国大会前から調子が上がってきたんです」

 コンディションも徐々に上がり、サブ組のCBでプレーするように。そして、試合日当日にベンチ入りを告げられ、再び応援リーダーから選手に戻ったのだ。

 今度こそチームのためにピッチへ立ちたい−−。早々に2失点を喫し、残り30分の時点で1-3。劣勢に追い込まれ、時計の針がアディショナルタイムを迎えようとしていた時だった。酒井はベンチでユニホームに着替えると、後藤聡志監督の下へ。そして、新人戦以来となる公式戦のピッチに足を踏み入れたのだ。最前線に上がった齋藤康友(3年)の代わりにCBへ入ると、堂々たるプレーを披露。出場時間はわずか5分強だったが、高校最後の試合を全力で戦った。

「最後5分間だったけど、ピッチに立てたことは自分の3年間が報われた。やっぱりもっとみんなと長くサッカーをやりたかったけど、ピッチに立っている時に夢を見ている感じで、これが選手権なんだなと思って…。」

 試合後、ミックスゾーンに現れた酒井の目に涙が浮かんだ。3年間一緒に戦った仲間。1年生の頃は決められた時間に入れなかった場合はもう1本追加になる持久走でゴールできず、仲間から「練習から外れてくれよ」と言われることもあったという。それでもチームメイトは自分をゴールさせるために、背中を押して一緒に走ってくれた。

 最終学年では掛け替えのない友のために、自分が恩を返そうと応援団を志願。多方面と連絡を取り、チームを盛り上げるために縁の下の力持ちを担った。最後はピッチに立ち、最高の時間を過ごしたのは間違いない。
 
 卒業後は日大に進学し、サッカーは部活動には入らずに新たな夢を追う。

「まだ決めてはいないけど、自分の夢はサッカーに携わること。イベントを行う企業に入って、1人でも多くの人に選手権のように感動できる舞台に立つ力になりたいです」
 
 試合は敗れた。だが、後悔はない。「この仲間がいなかったら、ここまで自分はできなかった。この3年間は僕の宝物でした」。新たなステージでも、日大明誠で過ごした時を一生忘れない。

取材・文=松尾祐希

MORELIA II JAPAN DEBUT!!|フットボール│ミズノ - MIZUNOMORELIA II JAPAN DEBUT!!|フットボール│ミズノ - MIZUNO

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA