FOLLOW US

大量7点を叩き出した“強力3トップ”の相乗効果…「他が取ったら『自分も』って」

選手権の開幕戦でともにハットトリックを決めた山本航生(左)と山下貴之(右) [写真]=野口岳彦

 選手権のオープニングマッチを盛り上げるゴールラッシュによって、國學院久我山高が前原高を8-0で下し、2回戦へと駒を進めた。

 大勝を支えたのは、破壊力十分の3トップだ。CFの山本航生(3年)が、「例年はサイドに1対1が強い選手を置くチームではないけど、今年は両ウイングが1対1で勝てる選手。そこから攻撃をしようとスタートした」と語る通り、今年のチームは右ウイングの戸坂隼人(3年)と左ウイングの山下貴之(3年)の鋭い突破抜きでは語れない。この日も6分にMF大窟陽平(3年)からのスルーパスを山下が決めて、先制点をマーク。続く11分にも山本が打ったシュートのこぼれを山下が落ち着いて決めて前原を引き離した。

「運が良かったというか、ラッキーな部分があった」と振り返る山下の2ゴールは、10月末に行われた選手権予選の準々決勝以来のゴール。シーズン通してゴールネットを揺らし続ける山本と戸坂に対し、山下は1か月以上ゴールから見放されていたが、「交代する時間が段々早くなったり、なかなか点が取れずに悔しい時期もあったけど、全国を決めてからもう一回自分のストロングポイントを見直し、点を決めてやろうと思っていた」。居残り練習で持ち味の左足シュートを磨いた甲斐もあり、52分にもMF田中琢人(2年)のスルーパスから自身3点目を奪った。

 山下のハットトリックに発奮したのは、「この3トップでずっとやっていて他が点を取ったら『自分も』ってなる」と話す山本だ。

「今日は得点を意識していて、シュートを打って行こうというすごく気持ちがあった。インターハイは1点も取れずに終わってしまったので、今大会は初戦から点を取りたいと思っていたけど、堅くなってシュートが良いように飛ばなかった」

 そう振り返る通り、序盤は動きが堅く8分には右サイドからの絶好機を外してしまったが、23分にはFKを頭で合わせて自身の1点目をマーク。60分には、持ち味であるスペースへの抜け出しからチーム5点目をマークした。試合終盤の70分には右CKのこぼれ球を冷静に押し込み、山下に続き選手権史上初となる開幕戦での“ダブルハットトリック”を達成した。

「戸坂が点を取れていなかったので、点を取らせてあげたいという意識もあった。バチバチしあう中でもお互いを認め合う気持ちもある」と山本が話すように、64分には山本が高い位置でボールを奪うと、3トップで唯一無得点だった戸坂のゴールもお膳立て。終わってみれば、8-0の快勝となり、山下は「今日は3トップで7得点。FWの選手が点を取るのはチームにとってすごく大事なこと」と笑みを浮かべた。

 幸先の良いスタートを切った國學院久我山だが、目標はあくまで日本一。山本が「よく言えば勢いに乗るけど、悪く言えばフワッとしてしまう。気を引き締めて2回戦以降も一戦必勝で挑みたい」と話すように気の緩みは見られず、2回戦以降も強力3トップの活躍によって、白星を重ねるつもりだ。

取材・文=森田将義

MORELIA II JAPAN DEBUT!!|フットボール│ミズノ - MIZUNOMORELIA II JAPAN DEBUT!!|フットボール│ミズノ - MIZUNO

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA