2019.01.12

青森山田がPK戦を制す…流通経済大柏は2年連続の決勝へ/選手権準決勝

選手権トーナメント表
選手権の決勝は青森山田と流通経済大柏に
サッカー総合情報サイト

 第97回全国高校サッカー選手権大会準決勝が12日に各地で行われた。

 尚志(福島)と青森山田(青森)の一戦は、壮絶な打ち合いとなった。尚志が先制に成功したものの、北海道コンサドーレ札幌加入が内定している檀崎竜孔、アビスパ福岡加入が内定している三國ケネディエブスが立て続けにゴールを奪い、逆転に成功する。しかし、尚志も2年生の“エース”染野唯月がハットトリックを達成し、再度リードを奪う。このまま試合終了かと思われた86分に途中出場の小松慧が同点ゴールを挙げ、決着はPK戦に委ねられる。4選手が成功した青森山田がPK戦の末に尚志を下し、決勝進出を決めた。

 2大会連続の決勝進出を目指す流通経済大柏(千葉)は、初出場の瀬戸内(広島)と対戦。開始早々の4分に岡本竜が先制ゴールを奪うと、10分には藤井海和が追加点を挙げる。42分には鹿島アントラーズ加入が内定している関川郁万がヘディングシュートを叩き込み、リードを3点に広げる。後半に入っても流通経済大柏は攻撃の手を緩めず、2点を追加。最終的に5-0で流通経済大柏が瀬戸内を下した。

 準決勝の結果は以下の通り。決勝は14日に埼玉スタジアム2002で行われる。

■準決勝(12日)
【福島】尚志 3-3(PK:2-4) 青森山田【青森】
【広島】瀬戸内 0-5 流通経済大柏【千葉】

■決勝(14日)
14:05 青森山田 vs 流通経済大柏

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
13pt
柏レイソル
12pt
甲府
11pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
9pt
藤枝
9pt
C大23
7pt
Jリーグ順位をもっと見る