2018.12.29

<草津東>「兄は兄の道がある」 受験専念決断の3年生の想いも胸に【選手権出場校紹介】

渡邉颯太
兄をはじめとした3年生の気持ちも抱え、選手権に臨む草津東FW渡邉颯太 [写真]=安藤隆人
世界各国を放浪するサッカージャーナリスト。巷ではユース教授と呼ばれる。

 草津東は滋賀県を代表するサッカーの強豪校である一方で、県下有数の進学校でもある。それ故に、多くの生徒が大学進学を目指し、受験勉強に励む。

 それはサッカー部をもっても例外ではない。サッカー部員の中には国立大を目指す者、有名私立大を目指す者と、文武両道を成し遂げるべく、明確な目標を持って取り組んでいる者が多い。

 ゆえに、インターハイを最後に受験に専念すべく、サッカー部を辞める選手も出てくる。それは今年も例外ではなかった。ただ、今年はチームの鍵を握る主力が3人も抜けてしまった。切れ味鋭いドリブルと高度なテクニックを駆使して攻撃の中核を担っていた左MFの栗山高季、昨年度の選手権にもメンバー入りし、夏にFWからCBにコンバートをしていたDF渡邉悠斗、右サイドバックの木村翔真と、今年のインターハイでピッチに立っていた主力が受験に専念する道を選んだ。

「少し驚きましたが、兄は兄の道があると思うし、それは自分が決めることだと思うので」

 こう語るのは渡邉悠斗の1学年下の弟で、チームのエースストライカーであるFW渡邉颯太だ。国立大現役合格を目指す兄と、2人の先輩の離脱は確かにチームにとっては痛い。だが、その決断は本人が真剣に将来を考え、生半可な気持ちで下したものではないことを分かっているからこそ、颯太を始め、残った選手たちはこの3人を責めることはなかった。

「もちろん最後まで仲間とサッカーをしたかった気持ちはあります。ですが、これも自分の将来のことなので。みんなからは『辞めたことを後悔させてやるからな』と笑顔で言われました。僕の気持ちを尊重してくれましたし、部員ではなくなっても、応援し続けようと思いました」

 滋賀県予選決勝の綾羽戦では、栗山こそ模試のために不在だったが、草津東のスタンドにサッカー部のジャージを着て、メガホンを持って応援する渡邉悠斗と木村の姿があった。

 3人がいなくなったポジションには、CB小林悠衣斗、前川慶輔、MF川崎寛太、FW夏川大和など2年生がレギュラーで入り、全員でその穴を埋めていた。試合は0-1で後半アディショナルタイムに突入するという苦しい展開だったが、アディショナルタイムが4分に差し掛かろうとした時、左CKからMF山本佳輝(3年)が蹴り込んだボールをMF森稜真(3年)が執念の同点ヘッドを叩き込んだ。

 そして、延長前半2分に渡邉のスルーパスに抜け出したMF小酒井新大(2年)が逆転弾を決めて、2-1の勝利。2年連続の選手権出場権を手にした。

「『いいな』と思うことはありますが、嬉しい気持ちが大きいです。みんなが頑張った結果だし、その分、僕も受験を頑張りたい。大会の後、仲間に『後悔しているか?』と聞かれたけど、僕は『していない』と答えた。ちゃんとやるべきことをやって、選手権では会場に行ってみんなを応援したい」(渡邉悠斗)

 初戦の相手は2年連続で青森山田。スタンドとテレビで声援を送る3人の想いも胸に、昨年のリベンジを掛けて全員が一丸となって、全国トップレベルの強豪に挑む。

取材・文=安藤隆人

【選手権出場校紹介】のバックナンバー

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

横浜FM
67pt
FC東京
64pt
鹿島アントラーズ
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
84pt
横浜FC
79pt
大宮
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
66pt
群馬
60pt
藤枝
60pt
Jリーグ順位をもっと見る

日本人気記事ランキング