2017.01.07

【コラム】決勝進出ならず…後輩に思いを託す神村10番・園田悠奈「またここまできて」

神村学園
神村学園はPK戦の末に大商学園に敗れ、2年連続の決勝進出はならなかった [写真]=吉田孝光
10年以上にわたり女子サッカーを追いかける気鋭のライター

 第25回全日本高等学校女子サッカー選手権大会は6日、ノエビアスタジアム神戸で準決勝の2試合が行われた。

 第2試合は、2大会連続で準決勝に進出した大商学園高校(関西第2代表/大阪)と、前回大会準優勝の神村学園高等部(九州第2代表/鹿児島)の対戦。0-0のまま前後半が終了し、第1試合同様にPK戦に突入すると、それをPK3-2で制した大商が初の決勝進出を決めた。

 前半は両校の守備が安定し、一進一退で進む。21分には大商のFW久保田晴香がドリブルシュートを放つが、神村GK中原冴彩がキャッチ。39分には、神村のFW野見山優子がシュートを放ったが、これは大商GK西村清花がキャッチ。両校GKのレベルが特に高いために、緊張感が漂う中で後半に入った。

 後半は、大商が試合をリードする形で進む。54分、右サイドからのFKを得た大商は、MF林みのりのクロスを、ファーサイドで受けた久保田がヘディングでシュート。これがクロスバーに当たり真下に落ちたがゴールラインは割っていないという判定で、ゴールは認められず。

 大商が攻め込む中、神村は時間の経過とともにファウルが多くなり、セットプレーでのピンチが増えていく。それを凌いで神村が攻撃に転じても、大商は再びカウンターで応戦するため、神村は攻撃に人数をかけられないまま、後半はシュート数0で終了。

 優秀な両校GKの活躍と同時に、双方が攻め手を欠いたことも手伝い、勝敗はPK戦で決することになった。

 PK戦は神村の2、3、4人目が相次いで失敗したために、大商が3-2で制することとなった。

 試合後、ミックスゾーンに現れた神村の寺師勇太監督は開口一番、「よくここまで勝ち上がった」と、少し悔しさも滲ませながら、どこか清々しい表情だった。

「以前、遠征で(大商と)対戦した時には大差で負けた。そこからの伸び率を考えたら、まだ力の差はあったけど0-0だった」。11大会ぶりの優勝には届かなかったものの、選手たちの成長ぶりを噛み締めている様子だった。

「PKは仕方ないけど、1、2年生はこれを忘れずに、十字架を背負わされたという気持ちで次の舞台に、と伝えた。甘やかすことなく、これからも指導していきたい」

 前回大会と同じく神村の10番を背負ったMF園田悠奈は「今大会は思うようなプレーができないまま終わった。前回大会の決勝でも同じことを感じたので、まだまだ結果を残すための何かが足りないんだと思う」

 2年生からレギュラーとなり、満を持して臨んだ今大会。4試合にフル出場したものの無得点で、2年連続の決勝進出が懸かった準決勝では、得意なドリブルは影を潜め、シュートを打つことも許されなかった。

「今大会はPK戦で1回勝っているから、負ける気はしなかったけど、今振り返ると90分で決め切ることができなかった。シュートを打てるところでもパスを選択してしまって…」

 チームメイトのケガにより、低い位置でプレーすることを余儀なくされたが、自らの反省ばかりが口を突いた。

「今日の試合に出た選手が引っ張っていけば、1、2年生には十分な力があると思う。もっと競争をしながら、また全国のピッチを目指してここまで這い上がってきてほしい」

 高校卒業後は大学でプレーする見込みの園田は、想いを託すように話して静かにスタジアムを後にした。

文=馬見新拓郎

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る