2016.12.31

夏の王者・市船が京都橘との強豪校対決を制す!2年生・杉山のFK弾が決勝点

市立船橋と京都橘が対戦した。 [写真]=鷹羽康博
サッカー総合情報サイト

 第95回全国高校サッカー選手権大会1回戦が12月31日に行われ、市立船橋(千葉)と京都橘(京都)が対戦した。

 1回戦注目の一戦となったこの試合。2年連続21回目の出場となる市立船橋は、DF杉岡大暉(湘南ベルマーレ内定)、DF原輝綺(アルビレックス新潟内定)、MF高宇洋(ガンバ大阪内定)のJリーグ内定者3名を擁する。夏には9度目の高校総体制覇を果たし、史上7校目の夏冬2冠を狙う。一方、5年連続6回目の出場となる京都橘は、京都サンガF.C.入団が内定しているFW岩崎悠人を中心に全国の舞台で飛躍を目指す。

京都橘

京都橘のスターティングメンバー [写真]=鷹羽康博

市立船橋

市立船橋のスターティングメンバー [写真]=鷹羽康博

 最初にチャンスを作ったのは市立船橋。2分、左サイドの杉岡が前線に浮き球のパスを送ると、福元友哉がエリア内左の角度がないところからシュート。しかし、ここは惜しくも枠の右上に外れた。さらに4分、右サイドを西羽拓がドリブルで突破すると、折り返しに福元が飛び込んだが、ここも得点にはつながらなかった。

 ここまでシュートがなかた京都橘。26分にFKのチャンスを得ると、岩崎が右足で直接狙ったが、ここはGK長谷川凌が横っ飛びでなんとかCKに逃れた。直後の27分、CKから清水駿がヘディングシュートを放ったが、惜しくもゴール左に外れてしまう。

 さらに35分、エリア手前でボールを持った岩崎が右足で強烈なミドルシュートを放つ。低い弾道のボールが市立船橋のゴールを襲ったが、ここは左ポストを直撃。得点にはつながらなかった。このままスコアレスでハーフタイムを迎えた。

 後半もペースを握るのは市立船橋。59分には右CKのこぼれ球を高が狙ったが、ここはGK矢田貝壮貴を中心に京都橘がなんとかしのぎ切る。しかし、66分、市立船橋がエリア手前でFKを獲得すると、杉山弾斗が左足でカーブをかけたシュートを狙う。壁をかすめたボールがGK矢田貝の逆を突く形となり、京都橘のゴールを破った。

 リードを許した京都橘は68分に古川隆輝と内田健太を続けざまに投入。一方、市立船橋も71分に太田貴也を下げ、野本幸太を投入した。77分には最終ラインの裏に抜け出した野本が強烈な右足シュートを放ったが、ここは惜しくも枠の右へ外れた。このまま市立船橋が1-0で逃げ切り、強豪対決を制して2回戦進出を果たした。

 勝ち上がった市立船橋は、1月2日に2回戦で前橋育英(群馬)vs明徳義塾(高知)の勝者と対戦する。

【スコア】
市立船橋(千葉) 1-0 京都橘(京都)

【得点者】
1-0 66分 杉山弾斗(市立船橋)

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
61pt
川崎F
53pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
71pt
長崎
62pt
福岡
61pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
46pt
沼津
45pt
秋田
44pt
Jリーグ順位をもっと見る