2016.12.31

正智深谷が逆転勝利で2回戦へ…立正大淞南は先制も後半に痛恨2失点

正智深谷が立正大淞南を下した。 [写真]=大澤智子
サッカー総合情報サイト

 第95回全国高校サッカー選手権大会1回戦が12月31日に行われ、正智深谷(埼玉)と立正大淞南(島根)が対戦した。

 正智深谷は埼玉県大会決勝で浦和南を破り、2年連続3回目の選手権出場を決めた。一方、立正大淞南は2年ぶりに全国の舞台に復帰。15回目の出場で飛躍を目指す。

 最初にチャンスを作ったのは正智深谷。12分、エリア手前右でボールを受けた玉城裕大が右45度の角度から強烈な右足シュートを放ったが、ここは惜しくもクロスバーを直撃。先制点とはならなかった。

 一方、立正大淞南も決定機を迎える。15分、エリア手前でボールを持った井上健太がスルーパスを出すと、泉勇也が抜け出して右足シュート。GK戸田海斗の股を抜けたボールがネットを揺らしたが、ここは惜しくもオフサイドの判定となった。

 ペースを握る正智深谷は、27分に連続でチャンスを作ったものの、得点につなげることができない。すると均衡を破ったのは立正大淞南だった。37分、エリア手前左でボールを持った梅木翼が右足でカーブを描いたシュートを放つ。これがクロスバーをかすめながらゴール右上に決まり、貴重な先制点を奪った。このまま1-0で立正大淞南がリードしてハーフタイムを迎える。

 1点を追う正智深谷は後半開始から今岡マックスを下げ、田島帆貴を投入した。するとこの采配が的中する。47分、左サイドを新井晴樹が突破すると、エリア左からの折り返しを田島がゴール右に蹴り込み、正智深谷が同点に追いついた。

 さらに50分、正智深谷の金子悠野がエリア手前からミドルシュートを放つと、これがDFの手に当ってPKが与えられる。キッカーの小山開喜がしっかりとゴール左下に決め、正智深谷が逆転に成功する。

 逆転を許した立正大淞南は、57分に先制点を挙げた梅木が負傷交代。岩山世和が代わって入った。一方、正智深谷は65分に新井を下げ、西澤悠人を投入した。

 その後は立正大淞南が同点ゴールを目指して反撃に出たが、追いつくことができない。このまま2-1で正智深谷が立正大淞南を下し、2回戦進出を決めた。

 勝ち上がった正智深谷は、1月2日に2回戦で関東第一(東京B)と対戦する。

【スコア】
正智深谷(埼玉) 2-1 立正大淞南(島根)

【得点者】
0-1 37分 梅木翼(立正大淞南)
1-1 47分 田島帆貴(正智深谷)
2-1 50分 小山開喜(PK)(正智深谷)

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
61pt
川崎F
53pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
71pt
長崎
62pt
福岡
61pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
46pt
沼津
45pt
秋田
44pt
Jリーグ順位をもっと見る