2016.11.23

高校女子選手権の関東代表が決定…湘南学院、星槎国際湘南ら7校

[写真]=吉田孝光
サッカー総合情報サイト

 第25回全日本高等学校女子サッカー選手権大会の関東地域予選が12日から20日にかけて行われ、関東代表7校が決定した。

 上位7校までに全国大会の出場権が与えられる同予選で、ベスト8に名を連ねたのは十文字高校、日本航空高校、花咲徳栄高校、星槎国際高校湘南、湘南学院高校、修徳高校、千葉県立幕張総合高校、前橋育英高校の8校。ここから、準々決勝を制した十文字、星槎国際湘南、湘南学院、前橋育英の4校が一足先に出場権を獲得した。

 そして、残る3枠を巡って準々決勝で敗れた4校が順位決定戦を行い、修徳、日本航空、花咲徳栄の3校が全国切符を獲得。幕張総合が惜しくも8位で出場権を逃すこととなった。なお、決勝では湘南学院が星槎国際湘南を4-1で下して優勝を果たしている。

 高校女子選手権は12月30日から2017年1月8日にかけて、兵庫県で開催される。

 これまでに出場を決めた高校は以下のとおり。

■第25回全国高等学校女子サッカー選手権出場決定校
▼北海道代表(2校)
北海道文教大学明清高校(25年連続25回目/札幌)
北海道大谷室蘭高校(9年連続11回目/室蘭)

▼東北代表(3校)
常盤木学園高校(19年連続19回目/宮城)
聖和学園高校(25年連続25回目/宮城)
専修大学北上高校(初出場/岩手)

▼関東代表(7校)
湘南学院高校【5大会連続14回目/神奈川】
星槎国際高校湘南【3大会連続3回目/神奈川】
十文字高校【2大会連続11回目/東京】
前橋育英高校【3大会連続3回目/群馬】
修徳高校【7大会連続7回目/東京】
日本航空高校【2年ぶり8回目/山梨】
花咲徳栄高校【初出場/埼玉】

▼北信越代表(3校)
開志学園JSC高等部(4年連続4回目/新潟)
福井工業大学附属福井高校(13年連続13回目/福井)
富山県高岡商業高校(6年ぶり9回目/富山)

▼東海代表(3校)
藤枝順心高校(13年連続13回目/静岡)
磐田東高校(4年ぶり5回目/静岡)
聖カピタニオ女子高校(3年ぶり6回目/愛知)

▼四国代表(2校)
鳴門渦潮高校【5年連続5回目/徳島】
四国学院大学香川西高校【初出場/香川】

▼九州代表(4校)
柳ヶ浦高校(2年ぶり4回目/大分)
神村学園高等部(23年連続23回目/鹿児島)
福岡女学院高校(初出場/福岡)
長崎県立島原商業高校(6年ぶり2回目/長崎)

▼開催地代表
北須磨高校【初出場/兵庫】

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
70pt
川崎F
66pt
C大阪
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
58pt
栃木
58pt
沼津
57pt
Jリーグ順位をもっと見る