FOLLOW US

東京Vが4発大勝、名古屋は近畿大学附属に勝利し決勝進出/JYPSL

決勝進出を決めた東京ヴェルディユース(写真は3月のグループリーグ)[写真]=兼子愼一郎

 ジャパンユース プーマ スーパーリーグのトップリーグ準決勝が9月26日に各会場で開催された。

 第1試合では、東京ヴェルディユースと立正大湘南高校が対戦。東京Vは11分にMF大久保智明の得点で先制すると、17分にDF深沢大輝が追加点を挙げる。さらに、59分に大久保、68分にFW郡大夢がゴールを奪い、東京Vが4-0の大勝で決勝進出を決めた。

 第2試合の近畿大学附属高校と名古屋グランパスU18の一戦は、29分にDF秦秀斗の得点で近畿大学附属が先制する。しかし、名古屋は30分にMF柴田駿、45分に杉本崇太朗がゴールを挙げ、逆転する。近畿大学附属は52分にFW金沢利生の得点で同点に追いつくも、57分の北野晴矢と74分のMF宮島裕のゴールにより、名古屋が4-2で勝利した。

 26日に開催された準決勝の結果は以下のとおり。なお、決勝と3位決定戦は明日行われる。

■準決勝
東京Vユース 4-0 立正大湘南
近畿大学附属 2-4 名古屋U18

■決勝
東京Vユース vs 名古屋U18[時之栖スポーツセンター裾野グラウンド/9時30分キックオフ]

■3位決定戦
立正大湘南 vs 近畿大学附属[時之栖スポーツセンター富士宮グラウンド/9時30分キックオフ]

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO