2015.01.13

延長戦で力尽きた前橋育英…山田監督「準優勝は非常にショック」

高校選手権
前橋育英を率いる山田監督 [写真]=瀬藤尚美

 12日、第93回高校サッカー選手権大会の決勝が埼玉スタジアム2002で行われた。どちらも勝利すれば初優勝という前橋育英高校(群馬)と星稜高校(石川)との一戦は、延長戦の末に星稜が4-2で勝利。前橋育英の初優勝は叶わなかった。

 試合後、前橋育英を率いる山田耕介監督は「結局は力不足」と総括した。立ち上がりから攻め込まれた前橋育英は、11分に失点を許してしまう。20分を過ぎたころから徐々に自分たちのペースを掴み、シュートで終える場面が増えるも、得点できずに前半を終える。山田監督は、「互いの距離感が間延びしていた」と振り返る。

「ディフェンスラインからトップまでの距離をもっともっとコンパクトにしなければ、自分たちが優位に試合を進めることはできない。コンパクトにすれば、プレッシングも利いてくるし、パスも繋がってくる」

 ハーフタイムの指示を受けた選手たちは、後半開始早々に逆転劇を見せる。53分に野口竜彦が同点ゴールを挙げると、2分後にはエース渡邊凌磨が逆転弾を叩き込んだ。しかし、山田監督は「これは行ったり来たりだな、2-1じゃまだダメだよ」と思っていたと明かす。「我々にもチャンスはあるが、恐らく押し込まれる時間帯も来る。次の1点が大切なんだろうなと思っていたら、向こうに入れられました」と話し、「あそこでもう少し落ち着きが欲しかったかなと思います」と悔しさを滲ませた。

 これまで準決勝で4度敗れていた前橋育英は、5度目の挑戦で初の決勝進出。準優勝という結果については、「非常にショックなんですけど…。準決勝を勝って、1つ上に来た。何かが足りないからこういう結果なわけで、その答えを出さなくてはいけないと思います。また諦めないで来年、再来年と子どもたちの将来を考えてチャレンジしたいと思います」とコメント。悲願の全国制覇に向けて、再びこの舞台に戻ってくることを誓った。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る