2015.01.02

丸岡戦では隠された立正大淞南の武器…目が離せない“秘密のセットプレー”

中島隆司
丸岡戦で2ゴールを挙げた立正大淞南のFW中島隆司 [写真]=小林浩一

 高校サッカー選手権2回戦、0-0のまま推移していた立正大淞南(島根)と丸岡(福井)の一戦の均衡を破ったのは、セオリー通りにセットプレーだった。47分、「練習どおりの形」(FW中島隆司)だというコーナーキックにニアで合わせた、まさに積み上げたトレーニングの成果と言えるゴールだった。

 ただ、釈然としないモノも感じていた。もちろん、素晴らしいゴールだったと思う。外に構えていたFWが空けておいたニアサイドへ斜めに走って頭で合わせるという非常にオーソドックスな形だが、ヘディングの技術としては高難度。そこに合わせたキッカーのMF藤井潤太も見事だった。ただ、普通にセットプレーをしていることが奇異に見えるのが立正大淞南というチームである。セットプレーでの創意工夫に並々ならぬ意欲を見せる南健司監督だから、「隠しているな」という感触はあった。

 試合後、情熱の指揮官は「出さずに済みました」とニヤリ。何かスローインに“とっておき”があったらしいが、この日は試合展開を受けて封印。決勝まで1試合1つずつ用意してあるという淞南の「秘密のセットプレー」はこの日、最後まで姿を現すことはなかった。

 淞南のセットプレーは選手たちが議論を重ね、磨きに磨いている必殺武器。対戦各校がこれに対応できるかは、今後の試合の重要なポイントとなりそうだ。3回戦の相手は、「インターハイで観たとき、相当強いなと思った」(南監督)という福島・尚志。今度は隠したままでは終われそうにない。この試合を観る方はボールがタッチラインを割ったとき、あるいはファウルの笛が鳴ったときに「ホッと一息」つかないほうがいい。試合のどこかで、あっと驚く何かが飛び出すはずだ。

文=川端暁彦

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る