2019.03.11

JFA 第24回全日本フットサル選手権大会 名古屋優勝で2年連続の国内三冠を達成

サッカー総合情報サイト

 3月10日(日)、東京・駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場でJFA 第24回全日本フットサル選手権大会決勝「名古屋オーシャンズ vs 立川・府中アスレティックFC」が行われた。

 今シーズンのFリーグカップ戦、リーグ戦で優勝し、2年連続での国内三冠を狙う名古屋は、序盤から積極的にゴールを狙った。これを粘り強く跳ね返し、カウンターのチャンスを狙う立川・府中だったが、なかなか決定機を作ることができない。試合が動いたのは9分、FP平田ネト アントニオ マサノリからパスを受けたFPペピータが、立川・府中GKクロモトの頭上を抜くゴールを決め、先制に成功する。1点を追う立川・府中はセットプレーやGKクロモトのセーブからチャンスを生むが、ゴールを割ることはできない。残り23秒、立川・府中のマークを振り切ったFPヴァルチーニョからのラストパスを受けた右サイドのFPルイジーニョが、これをダイレクトでゴールに突き刺し、2対0で前半を折り返した。

 迎えた後半、まずは1点を返したい立川・府中はいくつかチャンスを作るも得点を奪うことができない。すると26分、名古屋FP吉川智貴が左足で放ったシュートがオウンゴールを誘発し、名古屋が3点をリードする。これ以上の失点は避けたい立川・府中だったが、FP西谷良介のアシストからFPルイジーニョにゴールを決められ4対0。試合時間11分強を残し、立川・府中はパワープレーを開始する。しかし得点を挙げられないまま時間が経過し、試合終了間際には2018/2019シーズン Fリーグ得点王のFPヴァルチーニョが立て続けに2得点を奪った名古屋が、6対0で完封勝利。個の力でも組織力でも立川・府中を一歩リードした名古屋が、2年連続の国内三冠を達成した。

 試合後の記者会見では、2016/2017シーズンから3年にわたり名古屋を率いたペドロ コスタ監督が退任を発表。2009シーズンに来日し、名古屋の選手として勝利に貢献、帰化後はフットサル日本代表としても活躍した酒井 ラファエル 良男が引退を発表した。ペドロ コスタ監督は「この瞬間が非常に幸せです。長い間違う文化、国で選手、監督として色々なことを学ばせていただきました。チームメートで友人である選手を監督として指揮することもありました。この場を借りて、名古屋は今シーズン限り(で退任)になるということを伝えます。何も悔いはありません。幸せな気持ちで名古屋オーシャンズ(での生活)を締めくくることができ、感謝しかありません。私だけでなく、私の家族もサポートしていただいた皆さんに感謝です。私が日本にいた期間のことは、いつまでも私の心に残っていきます。どこにいても、応援していく国です」と選手生活から数えて8年間の日本での生活を振り返った。

 また、酒井も同様に「プロのフットサル選手としての生活は、今日の試合が最後となりました。このクラブでプレーをできたことを誇りに思いますし、優勝してここで皆さんに私の引退を伝えることができ、本当にうれしく思います。この場を借りて感謝したいです。私の場合は、自分の住む場所は日本にしかないと思っています。まだ形は決まっていませんが、また日本に戻ってきて、私の愛するフットサルをもっともっと色々な人に知ってもらうために、貢献していきたいと思います」と感謝の気持ちを述べた。

 敗れた立川・府中の谷本俊介監督は、既にクラブから今シーズン限りでの退任が発表されていた。試合を振り返って「選手たちはこちらの要求に応え、チームとしてやるべきことをやってくれた中で、仕方のない結果でした。当然、守備に回る時間帯が多くなると思っていたので、失点を限りなく少なくするコンパクトな守備を心掛けました。とはいえ、少しの隙間でも見逃さない名古屋の質を上回れなかった。少人数で回すという采配の方法もあったでしょうが、今日どうなるかというのは分からなかったので、起用した選手はきちんとプレーしてくれると信じて送り出しました」とコメントした。攻撃についても、少ないチャンスになることが分かっていながらも、点差が開かないうちに決めきれなかったことについて触れたが、試合後のロッカールームでは「負けたことに対して名古屋とは環境面や資金力の差があり、負けても当然と思う部分もあるかもしれないが、外部の方にそう思われたとしても、自分たち当事者はそういう思いは持つな。フットサルを続ける限り、上を目指していく中で、ルールに則った勝負では言い訳なく勝ちを目指さなくてはいけない」と話したという。

 決勝で敗れたとはいえ、立川・府中は今シーズン、様々な記録を残した。リーグ戦での勝点65はクラブ史上最高。リーグ戦3位という成績も、2014/2015シーズンの12チーム制導入以降での最高順位だ。今大会でも、Fリーグ参入以来初めての決勝進出をはたした。谷本監督は今度も指導者としての活動は続けていくと言い、「いつかまた監督を務めることがあれば、この6年間で得た経験や悔しさ、反省点を改善して、成長した状態で指揮を執る時代を迎えたいと思います」とコメントを締めくくった。

▽JFA 第24回全日本フットサル選手権大会 決勝結果
名古屋オーシャンズ 6-0 立川・府中アスレティックFC

▽優勝

名古屋オーシャンズ

▽準優勝
立川・府中アスレティックFC

▽MVP
西谷良介(名古屋)

▽フェアプレー賞
シュライカー大阪

Jリーグ順位表

FC東京
20pt
サンフレッチェ広島
17pt
名古屋
16pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
22pt
大宮
20pt
甲府
19pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る