FOLLOW US

【Fリーグ】第15節ハイライト 立川・府中が暫定2位に浮上! 名古屋と町田の頂上決戦は台風で延期に

立川・府中アスレティックFCがバサジィ大分に2-1で勝利

 Fリーグ・ディビジョン1は9月29日と30日に第15節の5試合を各地で行った。注目を集めていた首位・名古屋オーシャンズと2位・ペスカドーラ町田による頂上決戦は、台風24号の影響により延期となっている。

 29日には12位・アグレミーナ浜松が、10位・ヴォスクオーレ仙台をFリーグ初開催となった焼津シーガルドームに迎えた。勝てば最下位脱出も狙える浜松は、キャプテンのFP松浦勇武が先制点を挙げると、後半5分にもFP山本優典が追加点を挙げて2-0とリードを広げた。しかし、リーグ戦4連敗中の仙台も意地を見せ、後半13分と同19分にFP堀内迪弥が連続でゴールを決め、2-2の同点に追いつく。試合はこのまま2-2のまま終了。両チームともに連敗を止めることはできたが、2点をリードしていた浜松にとっては、より手痛いドローとなった。なお、仙台を救った堀内は、得点ランクの2位に浮上した。

 浦安市総合体育館では、11位・バルドラール浦安と5位・シュライカー大阪が対戦した。前半からチャンスをつくる大阪だが、元日本代表GK藤原淳の牙城を崩すことができない。それでも後半8分にFP相井忍が先制点を決めると、同15分にもFPアルトゥールが追加点を記録する。守備でもGK檜山昇吾を中心に浦安の反撃をしのぎ、2試合連続となる無失点勝利で、勝ち点3をモノにした。

 小田原アリーナでは、6位・湘南ベルマーレと9位・エスポラーダ北海道が対戦した。北海道が2点を先行する展開の中、湘南は日本代表のイラン遠征から戻ったばかりのFP内村俊太が1点を返して前半を折り返す。後半に入ると湘南がゴールラッシュを見せる。ブラジルから帰国したFP大徳政博の復帰後初ゴールなど、計4点を奪って5-3で勝利した。

 墨田区総合体育館では、7位・フウガドールすみだと8位・Fリーグ選抜が対戦。新外国人選手FPガリンシャを獲得したすみだだが、この試合にはリーグの登録が間に合わず。それでも、ガリンシャと同じピヴォのFP大薗諒とFP清水誠也がゴールを決め、Fリーグ選抜の反撃をFP新井裕生の1ゴールに抑え、2-1で勝利した。

 アリーナ立川立飛では、4位の立川・府中アスレティックFCと3位・バサジィ大分が対戦した。立川・府中は前半12分にFP完山徹一が左足でゴールを決める。後半立ち上がりには大分も反撃を見せたがGKクロモトの好セーブもあって得点を奪えない。逆に立川・府中は昨季のリーグ得点王であるFP渡邉知晃が決定力の高さを示して追加点を記録する。試合終盤、大分はパワープレーからFP田村研人がゴールを決めたが反撃もここまで。立川・府中は4連勝で大分と試合が延期された町田を抜き、暫定2位に浮上した。大分は日本代表FP仁部屋和弘が今季初出場を果たしたが、エースの復帰を白星で飾ることはできなかった。

■試合結果
アグレミーナ浜松 2-2 ヴォスクオーレ仙台
バルドラール浦安 0-2 シュライカー大阪
湘南ベルマーレ 5-3 エスポラーダ北海道
フウガドールすみだ 2-1 Fリーグ選抜
立川・府中アスレティックFC 2-1 バサジィ大分
名古屋オーシャンズ 延期 ペスカドーラ町田

■順位表
1位 名古屋オーシャンズ※    勝点40/得失点差61
2位 立川・府中アスレティックFC 勝点31/得失点差3
3位 シュライカー大阪      勝点29/得失点差23
====== プレーオフ進出 ======
4位 ペスカドーラ町田※     勝点29/得失点差11
5位 バサジィ大分        勝点28/得失点差12
6位 湘南ベルマーレ       勝点26/得失点差1
7位 フウガドールすみだ     勝点18/得失点差-4
8位 Fリーグ選抜        勝点14/得失点差-18
9位 ヴォスクオーレ仙台     勝点13/得失点差-16
10位 エスポラーダ北海道     勝点13/得失点差-23
11位 バルドラール浦安      勝点9/得失点差-16
===== F1参入プレーオフ =====
12位 アグレミーナ浜松      勝点8/得失点差-34
※名古屋と町田は1試合未消化

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA