2018.09.19

EXILE CUP 2018九州大会2…雨の戦いを制したのはHIROWARA!

九州大会2を制したHIROWARA
サッカー総合情報サイト

 9月8日、「EXILE CUP 2018」の九州大会2が宮崎県宮崎市のKIRISHIMAヤマザクラ宮崎県総合運動公園補助球技場にて開催され、HIROWARA(宮崎)が優勝を果たした。

 “子どもたちに、夢を”というミッションを掲げ、株式会社LDH JAPANが主催する「EXILE CUP」は、小学校4年生から6年生を対象としたフットサル大会。全国各地で行われる予選大会で優勝したチームだけが、9月23日に愛媛県今治市で開催される決勝大会への出場権を獲得する。

 九州大会2には、県外からの14チームを含む36チームが集結。4チームずつの9ブロックに分かれて、総当たりの予選リーグを実施。そして、各ブロック1位と、各ブロック2位のうち上位7チームの計16チームが決勝トーナメントに駒を進める。

 空は今にも雨が降り出しそうな、あいにくの天気。開会式では宮崎出身のFlowerの重留真波さんが「私の地元である宮崎での初開催をうれしく思います」と挨拶すると、観客の拍手が大きく響き渡った。その後全員で、EXILEのÜSAさん(スペシャルサポーター)考案の「EXダンス体操」でウォーミングアップ。選手たちは曲に合わせて元気いっぱい体を動かした。

 小雨がぱらつく午前10時、7分ハーフの予選リーグがスタート。人工芝のグラウンドで6試合が同時進行し、1プレーごとに歓声が響き渡る。互いに声をかけ、自分たちの形を作りながら貪欲に点を取りに行く選手たち。10点以上の大差がつくゲームもあったが、どのチームも最後まで諦めない粘り強いプレーで最後の1秒まで戦い抜いた。

 予選から目を見張ったのは、先月行われたJFAバーモントカップ(第28回全日本U-12フットサル選手権大会)で宮崎県を制覇し全国大会へ出場したHIROWARA。個人のテクニックを活かしながら抜群のパスワークで得点を重ね、どんな相手にも手を緩めない。予選リーグは1失点のみで全勝し、決勝トーナメントへ。

 決勝トーナメント進出の16チームは、宮崎8チーム、福岡・大分が各2チーム、長崎・熊本・佐賀・鹿児島が各1チーム。抽選会で対戦相手が決まり、いよいよ決勝トーナメント(5分ハーフ)が始まった

 本格的に降り出した雨の中、選手たちは水しぶきを上げながら転がらないボールを懸命につないだ。濡れたボールはキーパーの手をくぐり抜け、ゴールに入ってしまう場面も。決勝トーナメント1回戦では、注目のHIROWARAが日南エストレーラFCに6-1と5点差をつけたが、8試合中3試合がPK戦に突入するという白熱ぶりだ。決勝トーナメントから同点の場合はPK戦となり、各チーム3人ずつが蹴り、決まらなければサドンデス方式で勝敗を決める。

 今大会では1人だけ女子のキーパーがいた。長崎のDELSOUL FCとPK戦を繰り広げた、地元宮崎・ヴィラル木花サッカークラブU-12の川添凛音(りんね)さん。5年生キャプテンでもある凛音さんは、3人で決着がつかずPKが続くなか、相手シュートを弾いてナイスセーブ! 自らもキッカーとしてPKをしっかりと決め、ベスト8進出を決めた。

 ベスト8に進出したのは、院内FC(大分)、黒潮サッカースポーツ少年団(宮崎)、ヴィラル木花サッカークラブU-12(宮崎)、HIROWARA(宮崎)、エスペランサブルー(熊本)、セントラルFC宮崎(宮崎)、明和サッカースポーツ少年団(宮崎)、セラミーズFC(佐賀)の8チーム。

 しかし、この時点で大雨のため競技は中止。隣接する屋内練習場に移動し、準々決勝以降はPK戦で勝敗を決めることになった。

 緊張した空気が漂うなか、キッカーとキーパーの一対一の真剣勝負が繰り広げられた。外して涙する選手やなぐさめるチームメートの姿など、感動的なシーンの数々が見るものの胸を熱くする。準々決勝、準決勝を勝ち上がり、決勝のステージに立ったのは、HIROWARAと明和サッカースポーツ少年団の宮崎勢だった。

 1番手がともに決め、2番手がシュート位置に立つ。先攻のHIROWARAが決めた後、明和のシュートをHIROWARAのキーパーが体を張って阻止。わっと歓声が上がった直後、HIROWARAの3番手が落ち着いてシュートを決めた。

 3-1でHIROWARAが宮崎対決を制し、36チームの頂点に立った。

 振り返ると、3つのPK戦すべてにおいて1本も外すことなく勝利したHIROWARA。キャプテンの吉田唯竜(いりゅう)君は、「今日は全員でプレーできたところが良かった。これからもっとハードワークを積んで決勝大会に臨みたい」と意気込みを語ってくれた。チームを指導してきた松本智史コーチは、「みんなで楽しんでプレーできるチーム。サッカーと並行しての練習ですが、フットサルをもっと勉強して強くなってほしいですね」と目を細めた。

 惜しくも準優勝となった明和サッカースポーツ少年団のキャプテン・岡本優翔(ゆうと)君は「初めて出場したフットサル大会で準優勝できてうれしい。でも…やっぱり優勝したかったです」と悔しさをにじませていた。

 9月23日に愛媛県今治市で開催される「EXILE CUP 2018」決勝大会。雨の中の熱い戦いを制したHIROWARAが九州代表として闘う舞台はまもなくやってくる。

文=矢野由里 写真=林 成志

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る