2016.04.23

プレッシングの急先鋒となったFP中村友亮「不細工な試合内容でも結果を求める」

中村友亮
ベトナム戦に出場したフットサル日本代表の中村友亮 [写真]=河合拓
フットサル専門誌Pivo!編集部⇒サッカーマガジン編集部を経て、フリーライター

 AFCフットサル選手権の直前まで日本代表として活動してきたFP中村友亮(名古屋オーシャンズ)は、最後の招集リストから漏れて2016 FIFAフットサルワールドカップ・コロンビアの予選を兼ねた4年に一度の大舞台に行くことができなかった。

「最後の最後に(メンバーから)外れてしまい悔しかったのですが、行ったメンバーを信頼していました。あとはみんなに託して、みんなうまいメンバーだったので、絶対に3連覇して帰ってきてくれると思ったし、もう一回、W杯のメンバーに選ばれたいなと思っていたんですけど…」

 しかし、日本はアジア選手権の準々決勝でベトナムに敗れ、5枚のW杯出場権も逃した。それ以降、初めてとなるフットサル日本代表活動に招集された中村は、「今回、このタイミングで選ばれて『やってやろう』という気持ちがすごくあった」と、高いモチベーションを持って今大会を迎えた。

 身長154センチの小兵は、日本代表で初めて先発メンバーに抜擢されると、「監督から『スピード、ディフェンスの部分で頑張ってくれ』と言われていたんで。始まったらガンガン、相手からボールを取りに行ってやろうと思っていました」という言葉通り、持ち前のスピードを生かして相手にプレッシングを掛け続け、試合の流れを大きく日本に引き寄せた。「僕らもそうですが、いきなりスピードを上げて試合に入ってこられたら、引いてしまう部分はあると思います。こっちがそういう状況をつくれたので良かったと思いますね」と、手応えを語った。

 日本は開始32秒でFP芝野創太(バサジィ大分)が先制点を記録。右からの折り返しでアシストをしたのも中村だった。この得点でさらに余裕が出てきた日本は、面白いように点を重ねていき、前半だけで6点を奪取した。

「アジア選手権で負けていたことが、今回の試合には生きた形になったと思いますし、今回、こうやってお客さんが良い雰囲気をつくってくれて、日本で試合ができていることも大きいと思います」と、7-0の快勝の要因を語る。そして、「僕らは試合をするからには結果しかこだわっていないので。内容より結果と、監督はそこをずっと言っています。『内容なんて不細工な試合でもいいから、結果だけ求めていこう』と言っていたので、それができてよかったです」と、勝てたことに安堵した。

 フットサル日本代表は中2日で、ウズベキスタンと対戦する。アジア選手権で準優勝に輝いた相手との試合に向けて中村は、「やることは今日と変わらないと思います。メンバーも集まって間もないですし、気持ちの部分で相手を上回れば、今日みたいなゲームはできると思うので。監督も気持ちの部分は相当言っているので、そこで相手を上回れれば良いゲームができるのかなと思います」と、再出発となる試合で出せた良いポイントを継続していきたいと話した。

文=河合拓

4月22日 国際親善試合 フットサル日本代表vsフットサルベトナム代表

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
70pt
川崎F
66pt
C大阪
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
58pt
栃木
58pt
沼津
57pt
Jリーグ順位をもっと見る