2016.04.23

勝利にこだわったフットサル日本代表、ベトナムに大勝でアジア選手権の借りを返す

仁部屋和弘
ゴールを決めて雄叫びを上げる仁部屋和弘 [写真]=河合拓
フットサル専門誌Pivo!編集部⇒サッカーマガジン編集部を経て、フリーライター

 フットサル日本代表はウィングアリーナ刈谷で22日に開幕した国際親善大会の初戦でフットサルベトナム代表と対戦し、7-0で快勝した。

 今大会のテーマは『RE:START(リスタート)』。2月に行われたW杯予選を兼ねたAFCフットサル選手権(アジア選手権)で惨敗を喫したフットサル日本代表にとっての再出発となる大会だ。フットサルベトナム代表は、アジア選手権の準々決勝で日本がPK戦の末に敗れた相手であり、このテーマに適した相手だった。

アジア選手権で敗れW杯出場を逃したフットサル日本代表が新たなスタートを切った [写真]=河合拓

 新たにフットサル日本代表監督に就任した木暮賢一郎監督が選手たちに求めたことは、「まず勝つこと。何がなんでも勝つということ」だった。日本とベトナムの力の差は明確だ。しかし、サッカー日本代表がシンガポール代表と引き分けたように、フットサル日本代表もアジア選手権ではベトナムに勝ち切れず、延長戦を4-4のスコアで終えるとPK戦で敗れたのだった。

 木暮監督の下、チームがトレーニングできたのはわずか3日。戦術的に複雑なことに取り組む時間もないため、最前線にボールを収める選手を置き、シンプルにそこにパスを入れ、複数の選手がサポートに入る形を徹底した。また、攻守を素早く切り替えること、球際で強くいくこと、一対一で負けないことを要求した。

 いかに力の差があっても、慢心があればやられることをアジア選手権の経験から知っていた選手たちは、指揮官の要求をしっかりとこなす。そして、それができれば、やはり日本とベトナムの間には、大きな力の差があった。

日本は開始1分に芝野創太が、2分に仁部屋和弘が立て続けにゴールを決めて開始早々にリードを奪う [写真]=河合拓

 開始32秒、日本代表はFP仁部屋和弘(バサジィ大分)がドリブルで仕掛け、右サイドのFP中村友亮(名古屋オーシャンズ)にパスを出す。中村が折り返したボールをFP芝野創太(バサジィ大分)がゴールに押し込み1点を先制した。これでリズムをつかむと、1分後にはCKから立て続けにシュートを打った仁部屋が2点目を記録。セット交代して迎えた4分には、FP西谷良介(フウガドールすみだ)からのパスを受けたFP清水和也(フウガドールすみだ)がゴールを決め、リードを3点とする。

ライン際で厳しいマークを見せる前鈍内マティアスエルナン [写真]=河合拓

 ベトナムを率いるブルノ・ガルシア監督はタイムアウトを取って、チームを落ち着かせる。ここからの10分間はスコアが動かなかったが、約3分ごとに細かく選手を入れ替え、選手たちがハードワークを続ける日本は、終始試合の主導権を握り続けた。そしてベトナムに隙が生まれた14分にはFP佐藤亮(シュライカー大阪)がGKの股下を抜くゴールを決めると、15分にも代表デビュー戦のFP安藤良平(名古屋オーシャンズ)が追加点を記録する。さらに16分には仁部屋が最前線でボールを受けた芝野からの落としをシュートして6-0とした。

 前半だけで試合を決定づけた日本だが、後半も集中力は途切れなかった。今年に入って日本国籍を取得したGKイゴール・ピレス(ペスカドーラ町田)が後半から出場して代表デビューを飾ったが、ベトナムのシュートを3本に抑えたことで守備機会はほとんどなかった。

後半、唯一のゴールを決めた小曽戸允哉(6番) [写真]=河合拓

 攻撃面では後半だけでも20本のシュートを放ったが、決まったのは後半4分にFP加藤未渚実(シュライカー大阪)の折り返しがゴール前にこぼれたところに、いち早く反応したFP小曽戸允哉(シュライカー大阪)がゴールに蹴り込んだ1点のみ。それでも、アジア選手権で苦杯をなめた相手を寄せ付けずに7-0の完勝を収めた。

 ひとまずアジア選手権の借りを返した日本は、24日に同大会で準優勝となったフットサルウズベキスタン代表と対戦する。

写真・文=河合拓

4月22日 国際親善試合 フットサル日本代表vsフットサルベトナム代表

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
70pt
川崎F
66pt
C大阪
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
58pt
栃木
58pt
沼津
57pt
Jリーグ順位をもっと見る