2015.08.24

名古屋勝利で怒涛の開幕15連勝/Fリーグ第16節

名古屋オーシャンズ
勝ち越し点を決めて喜ぶ名古屋の選手たち [写真]=Fリーグ

 8月23日、AFCフットサルクラブ選手権を終えた名古屋オーシャンズとシュライカー大阪の1戦が行われた。

 およそ1ヶ月ぶりのリーグ戦となった名古屋だが、心配されていた疲労の影響も大きくなく、吉川智貴が抜けたファーストセットには前鈍内マティアスエルナンが入るなど、名古屋らしい戦いぶりを見せた。

 対する大阪はGK宮竹晴紀、FP小曽戸允哉がこの試合で復帰。数ヶ月ぶりの2選手らしいプレーに会場が沸いた。

 試合は粘り強くチャンスをうかがった大阪が、得点ランキングトップのヴィニシウスの直接FKで先制。わずか1分で同点に追いつかれるも、再度リードを奪って前半を折り返した。しかし、しっかりと大阪対策をして臨んだ名古屋は後半立ち上がりでふたたび同点に追いつくと、終了間際に得点ランキングでヴィニシウスと肩を並べる森岡薫が第2PKを決め、4-2で逆転勝利。15連勝を収めた名古屋のビクトル・アコスタ監督は試合後、「非常にフットサルらしい、日本フットサルの歴史に残るような試合だった」と振り返った。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る