2015.08.23

作陽が久御山に快勝、ロンドが準決勝進出/全日本ユースフットサル

文・写真=嵯峨倫寛

 8月22日、大会三日目を迎えた「第2回全日本ユース(U-18)フットサル大会」は11時から仙台市体育館で準々決勝2試合が行われた。

 11時から行われたBグループ1位岡山作陽高校(以下作陽)vs Aグループ2位京都府立久御山高校(以下久御山)は、前半から作陽がゴールラッシュを見せる。前半5分に、完璧な崩しから作陽の井上嘉一郎が菅谷和寿のアシストで先制すると、一旦はこう着状態となるが終盤立て続けに4得点を挙げ、大量5点をリードして前半を終える。後半、反撃に出たい久御山だったが、開始直後に作陽が追加点を挙げさらにリードを広げる。後半3分に久御山は津田真之介のゴールで1点を返し、ここから試合は乱打戦の様相となるが、人もボールも動くフットサルらしい連動したプレーを見せた作陽が、最終的に10-4で久御山を下し、準決勝に駒を進めた。

 13時30分から行われたDグループ1位PSTCロンドリーナU-18(以下ロンド)vs Cグループ2位札幌大谷高校(以下札幌大谷)戦は、前半2分ロンドの植松晃都が右サイドから逆サイドネットに突き刺しいきなり先制する。しかし試合は札幌大谷がゴールキーパーを上げてのパワープレーでロンドを押しこむ展開に。ロンドは粘り強くディフェンスをしたが相手のパワープレーに対応しきれず、ついに12分にゴールを許し1-1の同点となる。その後も同様の展開で試合が進みこのまま前半終了かと思われた残り1秒で、またもやロンド植松が左サイド深い位置から決めて2-1として折り返す。後半も一進一退の攻防が続くこう着した展開になるが、9分に札幌大谷が荒木拓也のゴールで再び追いつく。そして迎えた後半14分、ロンドは植松が起点となり最後は野口健吾が押しこみ勝ち越し。3-2でロンドが接戦を制し、作陽の待つ準決勝へと駒を進めた。

 仙台市体育館ではこの後17時30分から準決勝、作陽とロンドの一戦が行われる。

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

FC東京
48pt
鹿島アントラーズ
45pt
川崎F
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
58pt
大宮
52pt
京都
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
藤枝
37pt
群馬
35pt
熊本
35pt
Jリーグ順位をもっと見る

日本人気記事ランキング