2015.08.23

釧路北陽、ロンド、FC聖和が決勝ラウンド進出/全日本ユースフットサル

文・写真=小林健志

 8月21日、「第2回全日本ユース(U-18)フットサル大会」は2日目を迎えた。仙台市体育館では1次ラウンドDグループ2試合とBグループ1試合が行われた。

 9時30分から行われたDグループ香川県立高松商業高校(以下高松商業)vs北海道釧路北陽高校(以下釧路北陽)戦は、前半、釧路北陽が5分に中尾謙太、6分に遠藤大地のゴールで2点をリード。しかし高松商業も反撃し、10分に青井信也、11分に末久傑のゴールで同点。後半は互いに激しく攻め合ったが、25分、釧路北陽キャプテン伊藤圭汰の右サイドから放ったシュートが決まってこれが決勝点。高松商業のパワープレーも及ばず、3-2で釧路北陽が勝利した。

 11時30分から行われたDグループPSTCロンドリーナU-18(以下ロンド)vs聖和学園高校フットサル部(以下聖和FS)は、ロンドが開始早々1分に吉森慎斗のゴールで先制。その後は聖和FSも必死の守りを見せたが、22分ロンドは上松晃都のゴールで突き放し、2-0で勝利した。

 釧路北陽とロンドはともに勝点6を獲得し、高松商業と聖和FSが勝点0のため、釧路北陽とロンドの決勝ラウンド進出が決定した。

 13時30分から行われたBグループクラーク記念国際高校(以下クラーク)vsFC聖和学園(以下FC聖和)は、5分、FC聖和の木村駿介が自慢のドリブル突破からゴールを決めて先制。その後クラークの反撃を粘り強く耐えながら多くの決定機を作ったFC聖和が1-0で逃げきり、決勝ラウンド進出が決定した。クラークは、15時30分から仙台市体育館で行われるBグループ岡山県作陽高校(以下作陽)とサンクFCくりやまU-18(以下サンク)で、作陽がサンクに2点差以上で敗れれば決勝ラウンド進出。それ以外の結果では1次ラウンド敗退となる。

 その他、仙台市体育館では、17時30分からDグループ高松商業と聖和FS、19時30分からはロンドと釧路北陽の試合が行われる。

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る