FOLLOW US

オーシャンカップ・神戸フェスタ FK Nikars Rigaを下し、名古屋オーシャンズ決勝へ

準決勝で2得点を挙げた森岡薫(名古屋) [写真]=Fリーグ

激しい準決勝となった。フィジカル重視の戦い方を展開するラトビアのFK Nikars Rigaに対し、名古屋オーシャンズは常に戦う姿勢を見せ続けた。オウンゴールで先制を許すもエース・森岡薫が同点ゴールを決める。リガの監督が審判の指示に従わず退席処分となった直後、スペイン1部リーグ「マグマ・グルペア」へのレンタル移籍が発表された吉川智貴が逆転弾を決め2-1。1点リードで前半を折り返す。

後半、リガの10番ギオルギに同点にされるも森岡のこの日2点目となるゴールで再度リードを奪うと、リガがパワープレーを始めた直後に星龍太のパワープレー返し、試合時間残り5秒でのセルジーニョのループシュートで得点を重ね5-2で勝利。Fリーグ8連覇の王者の貫録を見せ、見事決勝進出を決めた。

 試合後、キャプテンのペドロ コスタは「私たちは最初から最後まで勝ちにいき、攻撃的な姿勢を見せられた」と語った。

 名古屋オーシャンズは明日、神戸市のグリーンアリーナ神戸で行われる決勝で、準決勝第2試合、府中アスレティックFC vs エスポラーダ北海道の勝者と対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA