2014.05.09

難敵クウェートに快勝のフットサル日本代表、アジア連覇に王手

 フットサル日本代表は8日、ベトナムで行われているAFCフットサル選手権の準決勝で、フットサルクウェート代表と対戦した。

 クウェートとは、2013年7月に行われたアジアインドア・マーシャルアーツゲームズの準決勝で対戦し、苦戦した相手であったが、日本は試合開始5分に稲葉洸太郎が先制点を奪う。しかし15分、クウェートに同点に追いつかれ、そのまま前半が終了。

 同点で迎えた後半、21分に皆本晃のゴールで逆転に成功すると、その後は小曽戸允哉が2得点を挙げるなど追加点を重ねる。結局6得点を挙げ、圧倒的な攻撃力を見せつけた日本は、6-1と快勝した。

 日本は初の大会連覇に向け、10日にイランと決勝を戦う。

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る