FOLLOW US

鹿島、長崎を下し6度目の天皇杯制覇に王手…初タイトルを目指す神戸との決勝へ

天皇杯準決勝で鹿島と長崎が対戦した

 21日、天皇杯JFA第99回全日本サッカー選手権大会の準決勝が行われ、鹿島アントラーズV・ファーレン長崎が対戦した。

 試合は前半開始早々に動く。4分、鹿島のMF三竿健斗がペナルティエリア手前の右からミドルシュート。これがFW伊藤翔に当たってコースが変わると、流れたボールに反応したMFセルジーニョがペナルティエリア右から右足でゴールへと流し込み、鹿島が先制に成功する。

 23分には鹿島が敵陣左サイドでFKを獲得。MFレオ・シルバがペナルティエリア内に浮き玉を蹴り込むと、クリアに入ったDF徳永悠平の右足に触れたボールが、ゴールへと吸い込まれる。これでスコアは2-0となった。

 ただ、長崎も反撃を見せる。37分、ペナルティエリア手前の右で相手DF3人を引きつけたFW吉岡雅和が、左足アウトサイドでスルーパス。これに反応しペナルティエリア右に進入したMF米田隼也がGK曽ヶ端準の股を抜くシュートを決めた。前半は2-1のスコアで折り返す。

 迎えた後半、先にゴールネットを揺らしたのは鹿島だった。73分、MF永木亮太からの右CKをDFブエノが打点の高いヘディングシュートで合わせた。これで試合は2点差になる。

 しかしその3分後には、長崎が1点を返す。鹿島のディフェンスライン裏に抜け出したFW呉屋大翔が、ペナルティエリア右から右足でシュート。ボールはクロスバーに阻まれるが、跳ね返りをFW澤田崇が押し込んだ。スコアは3-2と再び1点差に。

 その後も両チーム一進一退の攻防。次の得点はどちらに生まれるのか目が離せない展開になったが、試合は結局このままタイムアップ。J1の鹿島がJ2の長崎を下し、来年の1月1日に行われる決勝戦へ駒を進めた。

 新国立競技場で行われる決勝戦の相手は、クラブ史上初のタイトル獲得を目指すヴィッセル神戸。勝てば6度目の天皇杯制覇となる鹿島は、今シーズン限りでの退任を発表している大岩剛監督にタイトルを捧げられるだろうか。

【スコア】
鹿島アントラーズ 3-2 V・ファーレン長崎

【得点者】
4分 1-0 セルジーニョ(鹿島アントラーズ
23分 2-0 オウンゴール(鹿島アントラーズ
37分 2-1 米田隼也(V・ファーレン長崎
73分 3-1 ブエノ(鹿島アントラーズ
76分 3-2 澤田崇(V・ファーレン長崎

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO