FOLLOW US

トーレスが待望の移籍後初ゴール! 鳥栖、神戸を下し3大会ぶりのベスト8

鳥栖移籍後初ゴールを決めたトーレス [写真]=Getty Images

 天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会・ラウンド16が22日に行われ、サガン鳥栖ヴィッセル神戸が対戦した。

 今夏Jリーグ参戦で話題を呼んでいるフェルナンド・トーレス(鳥栖)、アンドレス・イニエスタ(神戸)はともにベンチスタートとなった。

 37分、福田晃斗のキープから左サイドをオーバーラップしてきた三丸拡が低いクロス。これが渡部博文に当たってゴールに吸い込まれ、鳥栖が先制に成功した。後半に入り50分、高橋義希のフィードに反応した安在和樹がゴールに流し込み、鳥栖が追加点を奪う。

 追いかける神戸は56分、ウェリントンに代えてイニエスタを投入。鳥栖は64分にトーレスがピッチへ。ついに元スペイン代表の両者が日本で同じピッチに立つ。すると84分、福田がタッチライン際で粘り、走り込んだトーレスへ。トーレスが落ち着いて決めて、鳥栖が決定的な3点目を奪う。トーレスは待望の鳥栖移籍後初ゴールとなった。

 試合は3-0で終了。鳥栖は3大会ぶりのベスト8進出となった。

【スコア】
サガン鳥栖 3-0 ヴィッセル神戸

【得点者】
1-0 37分 OG(渡部博文/鳥栖)
2-0 50分 安在和樹(鳥栖)
3-0 84分 フェルナンド・トーレス(鳥栖)

【スターティングメンバー】
サガン鳥栖(4-4-2)
権田修一:藤田優人、高橋祐治、ジョアン・オマリ、三丸拡:高橋秀人、高橋義希、安在和樹(88分 小林祐三)、福田晃斗:豊田陽平(64分 小野裕二)、田川亨介(64分 フェルナンド・トーレス)

ヴィッセル神戸(4-3-3)
キム・スンギュ:高橋峻希、大﨑玲央、渡部博文、ティーラトン:三田啓貴、藤田直之(81分 アフメド・ヤセル)、郷家友太:大槻周平、ウェリントン(56分 アンドレス・イニエスタ)、ルーカス・ポドルスキ(73分 田中順也)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO