2015.08.02

天皇杯愛媛代表に岡田武史氏オーナーのFC今治…山梨、徳島代表も決定

 第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会の愛媛県代表決定戦となる愛媛県サッカー選手権大会決勝が、2日に松山市のニンジニアスタジアムで行われ、元日本代表監督の岡田武史氏が新オーナーを務めるFC今治と松山大が対戦した。

 決勝では前半からFC今治がゴールを量産。6分に岡本剛史、11分に赤井秀一、30分に長尾善公が得点を挙げ、前半だけで3点のリードを奪う。後半は互いに1点ずつを奪い、4-1でFC今治が松山大を下して、天皇杯の出場権を獲得した。同クラブにとっては通算7度目の天皇杯出場となる。

 FC今治は30日に行われる1回戦でJ2のツエーゲン金沢と対戦する。

 その他、山梨県代表は韮崎アストロス、徳島県代表は徳島大学ヒポクラテスに決定。韮崎アストロスは29日に千葉県代表チームと、徳島大学ヒポクラテスは30日に広島経済大と対戦する。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
43pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る