FOLLOW US

好守で天皇杯制覇に貢献のGK東口順昭「何が何でも三冠」

 天皇杯決勝が13日に行われ、ガンバ大阪モンテディオ山形が対戦した。

 宇佐美貴史のゴールで先制すると、パトリックが追加点を挙げ2点リードで前半を終える。62分に1点を返されるが、85分に宇佐美がダメ押しゴールを叩き込み、G大阪が3-1で勝利。2000年の鹿島アントラーズ以来の14年ぶり、J1昇格年では史上初となる3冠を達成した。

 GK東口順昭が「山形も勢いがあったので後ろが粘れれば、また得点が取れるという思いで守っていました」と試合を振り返るように、粘り強い守備で山形の猛攻に耐えた。

 リーグ優勝から気持ちの切り替えはさほど難しくなかったという東口は、「何が何でも三冠という強い気持ちで挑みました」と語り、三冠達成を喜んだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO