2014.10.15

J2勢の天皇杯決勝行きが決定…ベスト4はG大阪vs清水、千葉vs山形

ベスト4のトーナメント表

 天皇杯準々決勝3試合が15日に各地で行われた。

 J1で2位につけるガンバ大阪は、残留争い渦中の大宮アルディージャと対戦。宇佐美貴史や遠藤保仁がベンチ外のため欠場となったが、後半に二川孝広、佐藤晃大が得点し、2-0で勝利。準優勝だった2012年大会以来、2大会ぶりのベスト4進出となった。

 J1で17位に沈むセレッソ大阪は、J2のジェフユナイテッド千葉と対戦。ディエゴ・フォルランやカカウ、扇原貴宏らがスタメンとなったが、後半に田代真一に先制点を許すと、そのまま0-1で敗れた。千葉は12大会ぶりのベスト4入り。

 J2勢同士の対戦となったモンテディオ山形とギラヴァンツ北九州の一戦は、後半に川西翔太が決勝点を挙げた山形が1-0で勝利し、1999年のJリーグ加盟以降、クラブ初のベスト4進出を決めた。

 11日に先立って行われた試合は清水エスパルスが勝利している。この結果、11月26日に行われる準決勝では、G大阪と清水、J2勢同士による千葉と山形の対戦となることが決まった。

■準々決勝結果
G大阪 2-0 大宮
名古屋 2-2(PK3-5) 清水(11日開催)
C大阪 0-1 千葉
山形 1-0 北九州

■準決勝組み合わせ(11月26日開催)
G大阪 vs 清水(味の素スタジアム)
千葉 vs 山形(ヤンマースタジアム長居)

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
61pt
川崎F
53pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
71pt
長崎
62pt
福岡
61pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
46pt
沼津
45pt
秋田
44pt
Jリーグ順位をもっと見る