FOLLOW US

ACL東地区・準々決勝のベストイレブンが発表…浦和からMFモーベルクら最多7名が選出!

完勝した浦和レッズから最多7名が選出 [写真]=小林渓太

 アジアサッカー連盟(AFC)は24日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)東地区・準々決勝のベストイレブンを発表した。

 22日に行われた準々決勝では、第1試合でヴィッセル神戸と全北現代モータース(韓国)が対戦。ラウンド16で横浜F・マリノスとの“日本勢対決”を制したヴィッセル神戸だったが、延長戦にまでもつれ込んだ熱戦の末、1-3で敗戦した。その一方で、手倉森誠監督が率いるBGパトゥム・ユナイテッド(タイ)と対戦した浦和レッズは、MFダヴィド・モーベルクの先制点を皮切りに、4-0で勝利。3シーズンぶりとなる準決勝へ駒を進めた。

 24日に発表された東地区・準々決勝のベストイレブンには、浦和レッズから最多7名が選出。弾丸シュートで先制点を挙げたMFモーベルクや追加点を決めたDF岩波拓也、1アシストを記録したMF岩尾憲らが名を連ねている。

■AFCチャンピオンズリーグ(ACL)東地区・準々決勝ベストイレブン

GK:西川周作(浦和レッズ)
DF:酒井宏樹(浦和レッズ)、アレクサンダー・ショルツ(浦和レッズ)、岩波拓也(浦和レッズ)、キム・ジンス(全北現代)
MF:モドゥ・バーロウ(全北現代)、岩尾憲(浦和レッズ)、伊藤敦樹(浦和レッズ)、ダヴィド・モーベルグ(浦和レッズ)
FW:グスタヴォ(全北現代)、ムン・ソンミン(全北現代)

 なお、東地区の準決勝は25日に『埼玉スタジアム』で行われ、浦和レッズと全北現代が対戦する。 

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO